不動産用語集。ペット可やリノベーションのマンションや戸建てもお任せ!

株式会社アンサー俱楽部

本店TEL.093-951-6139

受付時間 9:30 ~ 19:00 年中無休

メールでお問い合わせ

  1. トップページ   >  
  2. 不動産用語集

不動産用語集

不動産に関するお役立ち用語集をまとめました!
ご参考までに、ご覧ください。

不動産用語集

は行

ハザードマップ

ハザードマップとは災害予測図のことで、今後発生の予測される自然災害について、その被害がどの地域まで及ぶのかといった範囲、どれくらいの被害が出るかといった程度、避難勧告等が出た際の避難場所や、二次被害を避けやすい安全な道筋を選んだ避難経路等が記載されています。特に、大震災や活発な噴火、大規模な河川の氾濫、津波等が起きた後には、政府や各自治体がさらにハザードマップの整備に力を入れています。また、日本は地震大国ですので、地盤の揺れやすさや建物倒壊危険度などを最新の地図に取り入れる形で作成されていることも多いといわれています。実際に不動産を探しているときに、ハザードマップを参照して倒壊や災害被害の危険度が高い地域に建てられている物件である場合、不動産の売り出し情報の注意書きに、傾きありなどの記載があります。地域としてそのような不動産物件が他の地域に比べて多いこともあるようです。ハザードマップを活用することのもう一つの利点は、売主や不動産仲介業者が物件の価格を査定する材料にもなりますし、何より消費者に対してなぜこの価格なのかといった説明をする際に用いる資料としては大変説得力があります。

お役立ち情報

北九州市のハザードマップでは、地区によって洪水、高潮、地震による被害が予測されており、地震は北九州地区全域において発生する恐れがあると言われています。不動産物件探しの際に、このようなハザードマップを確認することは安心につながりますが、詳細については分からないこともあるので、不動産仲介業者や売主が、該当物件の良い点と悪い点両方を含めた全ての情報をオープンにしているかどうかを見極める必要があります。また、それだけではなく、購入した物件をいつか手放すときが来るとしたら、物件の地盤は消費者にとってやはり気になるところですので、その点も視野に入れたいものです。

はめ殺し窓

はめ殺し窓は名前の通り、窓枠にはめ込んで、開閉ができない窓のことを言います。「フィックス窓」とも呼ばれることもあります。fixとは英語で”固定させる、定着させる”という意味や、”据える”、”取り付ける”という意味もあります。「据え付け型の固定された窓」という意味です。この窓は主に明かり取りの目的で作られます。玄関や、ドア、階段ホール、廊下などに備え付けられている窓にはめ殺し窓は多いです。タワーマンションの中には、安全の問題からリビングのサッシの一部が開け閉めできないようにこのはめ殺し窓を用いている部屋もあります。 明かりをとるだけではなく外の景観を楽しむ窓という目的のある窓は「ピクチャーウィンドウ」と表現することもあります。細長いはめ殺し窓のことを「スリット窓」と呼びます。

お役立ち情報

はめ殺し窓のメリットは開閉目的の窓ではないので、様々な形や、大きさに対応できることです。大きな窓にする場合は、ガラスの重さもかなりの重量になります。窓枠にかかる負担もかなり大きくなってしまうので開閉を行わない、はめ殺し窓にすることもあるようです。オフィスビルなどの大きな窓も同様ですが、その他の意味として落下防止としてはめ殺しにしています。他にも小さい窓や、細長いスリット窓、形や、意匠にこだわった窓など開閉が難しいものをはめ殺し窓とするような場合もあります。他には、開閉の必要がない高い所の窓や、採光のためだけの窓もはめ殺しといてしまいます。はめ殺し窓の欠点は窓の開閉ができないので、外部へ人が出ることが難しい建物では、窓が汚れた時も自力で掃除ができないことです。そして結露が発生しやすいので断熱対策が必要になります。 北九州地区の戸建てや不動産物件の窓、賃貸物件のマンションや、アパートメントの部屋の窓をはめ殺しにしたいと考えておられるなら不動産業者や施工業者に窓の造りを相談してみて下さい。また北九州地区には窓の専門業者も多数おり、窓ガラスを防犯ガラスに変更してくれたり、断熱ガラスに変更することも可能です。窓の用途や、欠点を補えるガラスを使用することが大事です。

売電

日本では2011年に余剰電力買取り制度が、実施されました。国や自治体の助成により実施されています。2012年から公共産業向け設備として全量買取り制度が導入され、他にも再生可能なエネルギーに関しても買取り対象になりました。日本では共同で発電所を設置と運営を行い売電収入の分配を行う市民共同発電所が設置検討されています。発電力容量は今後2015年末には3000万キロワットに達すると予想されています。太陽光発電の利用料は年間を通すと総電力利用料の13%の時間に相当します。しかし、晴れた日の日中は、冷房の使用の需要が増加する等電気の使用量が増加するとともに太陽光発電の電気の発電量も最大となっていきます。実際半分程度の発電の出力となってもピークの時の需要の増加に対しての電気供給量を補うことが可能になります。2015年の夏には、沖縄を除く管内において原子力発電所数基相当の電力需要に対応しています。北九州の一戸建てにおいても自家発電を積極的に取り入れ、余剰電力の買取りにより生活がしやすい環境が増えてきています。地価が安く電気代がかからないだけでは無く余剰電力の売却による利益は北九州で住む人にとって経済的に非常に助かるものです。環境にも優しい太陽光発電は、今後の自然環境について非常に大事になってくるでしょう。原発が問題視されている中、太陽光発電は非常に有効な安全対策といえます。

お役立ち情報

北九州では多くの一戸建て不動産に太陽光発電システムを取り入れています。昔に比べて太陽光発電も随分手頃な価格になってきて、効率も良くなってきました。こういった北九州の一戸建て不動産について電気代がかからないだけではなく。逆に売電によって収入になることによって、生活の負担が非常に緩和されます。自家発電装置のついた多くの北九州の不動産は、今後もっと見直されるでしょう。

ホームインスペクション

ホームインスペクションとは、新築もしくは中古賃貸・戸建・マンション等の不動産に対して行われる、建物の劣化状況や補修、安全性などを診断する住宅検査のことを言います。また、リフォーム実施時に行うものなどもあります。近年、消費者が住宅診断士(ホームインスペクター)に依頼し、調査に同行して細かくチェックする形が増えているようです。物件の見学段階においてホームインスペクションを行うことはできますが、他の購入者に買われてしまう可能性があるため、申込金を払った後に行うことが望ましいといわれています。 中古住宅は、その後の維持管理や経年劣化の状況により物件ごとの品質等に差があることから、消費者はその品質や性能に不安を感じています。よって、中古住宅の売買時点の物件の状態を把握できるサービスへのニーズが高まっており、先の平成25年6月には、「既存住宅インスペクション・ガイドライン」が国土交通省から策定され、国はホームインスペクターによる適正な検査・診断を通じて、既存住宅インスペクションに対する消費者等の信頼の確保とさらなる普及を目指しているようです。同ガイドラインによると、主な検査視点は①構造耐力上の安全性に問題がある可能性が高いもの②雨漏り・水漏れが発生している、又は発生する可能性が高いもの③設備配管に日常生活上支障のある劣化等が生じているものが取り上げられており、目視、触診、打診、計測、通水等の検査があります。検査結果は書面で依頼人に提出します。なお、客観性・中立性を保つため、自らが売主となる住宅についてはインスペクション業務を実施しません。

お役立ち情報

購入する不動産の状態は千差万別です。ホームインスペクターが、知識、検査の実施方法や判定に関する知識と経験が求められ、住宅の建築に関する一定の資格を有していることや実務経験を有していることはもちろんですが、依頼する建物の構造についてどれくらい詳しいか、今まで何件の実績があるのかを確認するとよいでしょう。また、不動産仲介業者や売主とうまくコミュニケーションを取ってくれるかという点も重要視してください。その際、検査結果についても専門用語を多用するのではなく、消費者に合わせて分かりやすく説明してもらえるかどうかも大切です。なぜなら、依頼者の自分が理解できなければ意味がないからです。北九州地区には、ホームインスペクションの実績が多い会社もいくつかありますので、事前に業者の特長をよく調べて依頼することが大事です。

ホームオートメーション

住宅に関する家具1つから可能なもの全てに対し、電子の力を利用してシステムを構築し、現代社会の生活標準の利便性や快適性を向上させる事をホームオートメーションと言います。近代の生活ニーズにマッチしたホームオートメーションは積極的に全国・全世界の不動産が取り入れている傾向にあります。 照明のスイッチ切り替えや、浴室の遠隔自動給湯、出先からのセキュリティ確認等がスタンダードです。その他にも娯楽として人気を集めているホームシアターはじめ、ガーデニング好きには自動散水、ペットを飼っている方には自動給餌等最近ではそれらをスマートフォンをとおしてリモコン代わりに状況確認も出来る様にまで進化しました。ホームオートメーションは時代に合わせてサービス内容の改善・工場が常に行われています。新築住宅を建てる際からの導入の場合は各種制御が行われます。

お役立ち情報

*メリット 複数の操作機器がひとつのモニターに集約されます。 外出先からセキュリティの操作ができ、子供の安全に繋がります。 離れた高齢者の両親の快適な生活のサポートやコミュニケーションがはかれます。 北九州では高齢化率が全国平均を大きく上回るとともに、急速に展開しています。そんな現代だからこそ、より多くの人に普及していきたいキーワードです。 *デメリット 初期設定に高額な費用がかかります。 通信にWifiが利用されるが、電波の状況で動作がスムーズにいかない場合があります。

ブレース構造

筋交いにより、建物の変形に対応する構造です。 柱と梁などに囲まれた四辺形の対角にブレースと呼ばれる材を渡すことで、水平力に対する強度を補うことができます。 木造では筋交いといい、鉄骨造ではブレース構造と言います。 建物の1階部分に駐車場を作りたい場合、1階が店舗で2階を住宅にするような店舗併用住宅などでも採用されます。一部のハウスメーカーが提供している鉄骨プレハブ工法もブレース構造を採用したものです。 ただしブレースが入っている面は開口部が広く取れないため、プランニング上の制約があります。

お役立ち情報

建物を設計する際に留意しているのが「垂直力」と「水平力」に対抗できる骨格です。 垂直力は、垂直にかかる力のことで建物自体の重さや住む人、荷物などによる重さなどが考えられます。また地震の際の縦揺れや、雪国では積雪も含みます。建造物はこれらに耐えられるような構造が求められるのです。 一方の水平力とは、建物に加わる床面と水平の力のことです。横揺れの際の地震力や、台風の際に吹いている強風などによって加わる風圧力を指しています。 こうした建物の強度に関しては地震の多い地域ほど住む人の意識が高いとされています。

不動産取得税

売買や贈与、または新築や増築などで不動産を取得した際に、取得者(個人・法人を問わない)に対してその不動産の所在する都道府県が課税する地方税です。市町村が毎年課税する固定資産税とは異なり、不動産を購入したときに一度だけ納めるのが特徴です。よって1日だけ所有権を取得した場合でも、課税の対象になってしまいます。また所有権の移転を伴う契約が合意により解除されても、移転の事実があれば課税されます。なお、相続や法人の合併、または一定の要件に当てはまる法人の分割により取得したときは課税されません。

お役立ち情報

不動産所得税の計算は、「固定資産税評価額×4%」で表されます。ただし、平成30年3月31日まで特例により、土地および住宅は3%、住宅以外の家屋は4%の標準税率が軽減されます。また新築住宅、新築未使用住宅(建売住宅、新築マンションなどの購入)とその土地を取得した場合の軽減措置もあります。一戸建ての場合、50平方メートル以上~240平方メートル以下を「特例適用住宅」と言い、取得をした日から60日以内に税事務所に申請することで不動産取得税が軽減されます。北九州市には、門司区などを管轄する北九州西県税事務所と、若松区などを管轄する北九州東県税事務所があります。これらの納税事務所から取得後6カ月〜1年半の間に「納税通知書」が届きます。これを使用して金融機関で不動産取得税を納税します。なお、取得した土地の上に3年以内(平成15年4月1日から平成30年3月31日まで。なお、平成16年4月1日以降に土地を取得した場合で、100区画以上の共同住宅等で、やむを得ない事情があると知事が認めた場合は、4年以内)に住宅が新築されること、または住宅を取得することが確実な場合等には、住宅の完成の日まで軽減額に相当する税額の徴収を猶予することができる場合があります。この場合は、納税通知書に記載されている納期限までに手続をしましょう。

風致地区

「風致」とは、おもむきや味わいがあるという意味で、「風致地区」は都市内外の自然美を維持するために定められた指定地区の一種です。大正8年に制定された都市計画法において創設されました。道府県や政令指定都市が条例を制定することで「風致地区」として制定されます。他の緑地保全制度とは異なり、自然地などを含んだ緑豊かな市街地の形成のため、土地利用をコントロールする制度となっています。そのため一定の建築物や土地開発は認められていますが、建築物の建設や宅地の造成、樹木の伐採などには制限が設けられています。都市の風致を“維持”し、継続をし続けることが制度であり、良好な自然環境や住環境をこれからつくろうとするものではありませんから、基本的には「現状の環境を変えないこと」に主眼が置かれているのです。なお、都市近郊の自然美を保護し、継承をするために建築を規制したり建物の外観を指導するのが「風致地区」なのに対し、歴史的な街並みを保存するためにその地区での建築外観や広告看板などを規制するのが「景観地区(美観地区)」です。

お役立ち情報

「風致地区」の行為規制に関わる具体的な内容(許可の基準)、あるいは緩和規定、不適用規定などについては、地方の公共団体によって条例で決められており、全国一律ではありません。北九州市では、潤いのある素敵な街づくりのために、昭和45年に北九州市風致地区条例を制定しています。現在、市街地から観覧できる山々のパノラマを中心に15地区、12,870ヘクタールを風致地区として指定しています。中でも広大なのは、市中央部にある皿倉地区の4,666.0ヘクタールです。次に大きさを所有するのは貫地区の2,086.7ヘクタール、足立・戸の上地区の1,872.7ヘクタール、石峰山の1,492.5ヘクタールと続きます。ちなみに一番小さな風致地区は、夜宮地区の11.5ヘクタールとなっています。風致地区内では建物の建築や開発行為などを行う場合、北九州市風致地区条例に基づく一定の条件を満たしたうえ、事前に市長の許可が必要です。

バリアフリー住宅

バリアフリー住宅とは、子どもや高齢者、身体的な障害がある方など、日常生活における障害・不自由=バリアの多い人が、不便さを感じることなく毎日を過ごすことが出来るように考えられた住空間を指します。住空間をバリアフリー住宅にするメリットに、家庭内で起こりがちな事故を未然に防げるということがあげられます。具体的には、室内の段差をフラットにするため、階段ではなくスロープや勾配をつける、廊下など立って歩くところやトイレなどに手すりをつける、車椅子でも通れるような幅の広い廊下やドアをつける、内開きのドアの代わりに引き戸をつける、建材に滑りにくいものや耐水性があって掃除をするのにストレスを感じない方法を選ぶ、ドアノブを回すタイプからエネルギーを入れやすいレバーハンドルに変えるなどの対処法が考えられます。また、最近ではユニバーサルデザイン(年齢や性別に関係なく、作成されたデザイン)は特に期待値が集まっています。

お役立ち情報

北九州市は、全国的に見ても少子高齢化の進行が著しい地域です。平成24年度においては、市内全人口における満65歳以上の人口割合が25%を超える結果となり、今後はさらにこの傾向が強くなっていくことが予想されます。在宅介護の開始などに伴い、戸建やマンション等の集合住宅を二世帯化、バリアフリー住宅化する過程も増加しています。北九州市では、市内に住宅を所有し、市の定める基準をクリアできた場合、「住まい向上リフォーム促進事業」による最大30万円の金銭補助を受けることができます。援助金の申請は先着順となり、施工業者も市内の業者に限られますが、この制度を利用すれば大変安価にリフォームを行うことができます。また、介護を必要とする高齢者や障害者などが居住している住宅を、身体状況に配慮した仕様(段差解消等)に改造する場合に、その費用の全てまたは一部を助成する「すこやか住宅改造助成」という制度もありオススメです。

不動産

不動産とは、土地、またそれに付属する定着物のことを指します。土地に付属する定着物とは、住居や店舗などの建物、建造物だけでなく、木や鉄道、船舶、鉱山における鉱業権(採掘権)、漁業権、公共施設等運営権、ダム使用権などの権利のほか、航空機なども含まれます。 「不動産」という言葉は明治時代の法学者である箕作麟祥によって提唱され、動物や家財道具など、「動産」と呼ばれる不動産以外の財産に対する概念として創られました。 こういった不動産物件を売買したり、賃貸物件として賃借したりと、その仲介や物件の管理を請け負うのが不動産会社で、宅地建物取引業者とも呼ばれます。また、自ら開発、分譲を行うものはデベロッパーと呼ばれています。

お役立ち情報

2015年度における、北九州市の平均不動産価格は1平方メートルあたり7万7981円です。 市内でいちばん不動産の平均価格が高い地区は小倉地区周辺で、2015年度の平均地価は1平方メートルあたり13万9718円です。JR小倉駅の周辺や大手町界隈では分譲マンションが建ち並び、スーパーの開設も相次ぐなど、このエリアへの一極集中の勢いが増しています。 その他、最近地価が急上昇している人気の地区は、小倉西地区、大和町地区、井堀地区、天籟寺地区周辺、星が丘、泉ケ浦などです。市内には眺望の良い山が多く、特に皿倉山は「100億ドルの夜景」として新日本三大夜景に選定されています。豊かな自然や歴史的な建造物の多さなど、暮らしやすさだけでなく観光地としての一面を持つのも北九州市の魅力です。 北九州市は福岡県内では第4位の人気を誇る地区で、地価の変化にもあまり波のない、安定した需要のある地区だと言えます。

パース

不動産用語における「パース」とは、建物を表す絵や図面のことで、建物そのものの外観や内装が立体的に把握できるように描かれた完成予想図のことを指します。 パースとはパースペクティヴ・ドローイングの略語で、ものごとを透視するように見て、描写した図という意味があります。 パースを用いることで、平面図では想像が難しい実際の生活風景の想像が楽にできるようになったり、物件が未完成の時でも、物件がどのように完成するのかといったことを施工主にわかりやすく、明確に完成予想図とし見てもらいやすくなります。また近頃の設計の現場ではCG加工などを駆使し、よりリアリティをもったパースも登場しています。 北九州市内にも多数のパース業者があり、不動産売買会社や自宅リフォームを考えておられる人が、物件、自宅の完成イメージを想像しやすい環境が整っています。

お役立ち情報

パースには、「外観パース」と称されるパースと、「内観パース」と称されるパースの二種類があります。「外観パース」は建物の外観を描写したもの、「内観パース」は建物を内側から見た様子を描いたものです。 どちらにも、見る人により実感できるイメージを持てるように家具などの内装や、庭の様子、周囲の風景などが付随して描き出されていることがあります。しかしあくまでもイメージを明確にするための表現であり、パースのイメージの中にのものでも現実の環境や風景とは異なるオブジェクトもあります。また、実際に完成した物件自体がパースとは異なるという事例も多くあります。そのため、大体においてパースの欄外にはその旨が脚注として記されています。 パースは完成イメージであり、出来上がりが完成予想イメージと全く同じになることを保証するものではないと認識しておくといいでしょう。

売買予約

不動産の売買予約は、個人間のみで締結されるものではなく、企業間などでも締結される場合があります。 たとえば2010年度、北九州市に社屋を構える「株式会社井筒屋」は、子会社である百貨店の「久留米井筒屋」やそれに付随するデパートの土地等の不動産の売買予約契約を締結しました。 予約契約の中には、予約完結の意思表示を行えばそのまま本契約の効力が生じる契約形態と、予約完結の意思表示により本契約締結の義務が生じるという契約形態との2種類があります。 例えば、農地法の許可が必要な不動産の土地売買において、契約条件は全て決まっているが農地法の許可が契約条件で決まっている場合には、前者の「予約完結の意思表示を行えばそのまま本契約の効力が生じる」契約形態が向いていると思われます。 逆に、定期借家予約契約の際には公正証書により契約書が作成されることが多いですので、定期借家予約契約を締結し、「完結の意思表示を行った後、定期借家契約書を公正証書で作成する」という後者の契約形態の方が向いているといえます。

お役立ち情報

不動産の売買予約は、個人間のみで締結されるものではなく、企業間などでも締結される場合があります。 たとえば2010年度、北九州市に社屋を構える「株式会社井筒屋」は、子会社である百貨店の「久留米井筒屋」やそれに付随するデパートの土地等の不動産の売買予約契約を締結しました。 予約契約の中には、予約完結の意思表示を行えばそのまま本契約の効力が生じる契約形態と、予約完結の意思表示により本契約締結の義務が生じるという契約形態との2種類があります。 例えば、農地法の許可が必要な不動産の土地売買において、契約条件は全て決まっているが農地法の許可が条件となっている場合には、前者の「予約完結の意思表示を行えばそのまま本契約の効力が生じる」契約形態が向いていると思われます。 逆に、定期借家予約契約の際には公正証書により契約書が作成されることが多いですので、定期借家予約契約を締結し、「完結の意思表示を行った後、定期借家契約書を公正証書で作成する」という後者の契約形態の方が向いているといえます。

不動産鑑定評価基準

不動産鑑定評価とは、マンション、戸建て、ビルディング、土地などの物件に経済的な価値がどの程度あるのかを鑑定評価し、具体的な金額としてあらわすことを指します。この評価は、国の行政機関に届け出を提出し認められている不動産鑑定業者や、不動産鑑定士のみが行うことを許可されています。不動産鑑定評価基準とは、鑑定評価を行う際に、鑑定士によって評価内容にばらつきが出ることを防ぎ、適切な価値をどの鑑定士でも共通してつけることができるようにするための基準のことでこの基準は平成26年5月1日に一部改正されていますが、それ以前にも改訂は行われており、その都度、不動産物件の有用性や希少性、需要がどの程度あるかといったことで評価基準が決められています。

お役立ち情報

北九州市内にも、不動産鑑定評価基準の鑑定評価を行う不動産鑑定事務所は多数あり、たいていの事務所では無料相談サービスを実施しています。無料相談サービスに持ち込まれる内容で相談件数の多い内容は、所有不動産の有効活用法、現在の不動産相場や今後の動向について、不動産売買の方法、相続についてなどです。また、「簡易鑑定」と「本鑑定」など鑑定内容を区別するような呼び方を耳したことがありますが、不動産の鑑定評価に関する法律及び不動産鑑定評価基準その他不動産鑑定評価に係る規定等には、「簡易鑑定評価」なる語彙は存在しません。簡易鑑定とは、通常の鑑定評価「一般鑑定(または本鑑定)」と区別し判別しやすくするための俗称です。法律上の正式な鑑定評価とは異なり、スピーディーで費用が安いのですが、簡素な書式でまとめてあるため説明力に欠ける側面を有しており、相手を説得する目的や、税務署・裁判所等への提出には不向きです。さらに、こういった鑑定には法律上の定義や要件がないため、鑑定会社によってその内容が相違するのが実態です。安さだけを売りにした「簡易鑑定」には注意しましょう。

不動産流通機構

不動産流通機構とは、国土交通省大臣によって指定されている、公益財団法人です。 東日本、中部地方、近畿、西日本の4つのセクションに全国をわけて運営しておりREINS(RealEstateInformationNetworkSystem 不動産流通標準情報システム) という略称で呼ばれているシステムの運営をしています。このシステムとは、 全国における不動産取引情報の管理をしながら、土地や建物の売買を考えている一般消費者に対する情報開示システムのことを言い、 不動産業界全体が一丸となり、消費者のために大きなデータベースを運営、管理しているというのが主なイメージです。 このシステムを利用した取引の流れとしては、購入希望者がREINSの会員である不動産会社Aを訪れ、購入依頼をした際に、REINSを使って物件を検索して、 検索結果として出てきた条件を叶える物件を所有している別の会社BがREINSに事案をおくり、AとBが不動産の取引条件を成立させ、購入となるということです。 このシステムで、一人で探すよりもさらにたくさんの選択肢のなかから希望する条件にあった物件と出会うことができるのです。 北九州地区の不動産物件は公共社団法人西日本不動産流通機構(西日本レインズ)が管理しています。 2015年7~9月の北九州地区を含む九州地方の中古住宅(中古マンション)の成約数は2012年から増えていて、中古マンションを購入する人が増えていることがデータからもわかります。価格はデータで見ると2012年から上がっていて、中古マンションは北九州を始めとする九州地区でも人気の不動産物件であることがわかります。

お役立ち情報

REINSを利用するメリットを幾つかご案内しましょう。・安心して利用できること。公益社団法人なので、法律に基づいた安心があります。・購入希望物件がや売却先が素早く見つかること。豊富な物件情報の中から依頼者の希望にあった情報をスピーディー、そして簡単に検索できるので、買主、売主が物件や、物件の売却先を安心して素早く探し出すことができるのです。・全国的に見て、適切と言える物件の価格がわかります。広い地域からの不動産物件情報が集まるので、現在の不動産業界の平均的な物件価格などを知ることができます。・不動産業者からのサービスが良くなります。レインズのネットワークによって登録しているどの不動産業者も共通の物件情報を持つので、依頼者は期待以上の情報サービスを得ることができます。 もし現在、不動産物件を買いたい、売りたい、探しているという方で、REINSに興味をお持ちの方はREINSからの情報があるか聞いてみると良いでしょう。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、マンション、戸建て、土地、店舗、オフィスビル、事務所などの物件を担保にお金を借りることのできるローンサービスのことを指します。 不動産担保ローンの特徴としては、非常に低金利でお金を借用することができることがあげられます。また、このローンは大口の融資も受けやすいという特徴があります。 不動産担保ローンのデメリットとしては、マンションや戸建て、土地などといった不動産の実際の価値を見極めるが難しいため、融資までに時間が長くかかってしまうということと、 もしもローンの返済ができなくなるような場合は、自分の住宅などを失う可能性もあるということがあげられます。 一般的な不動産担保ローンの借り方として、複数の銀行に融資を申し込み、貸し出してくれる金額や、金利などの条件が、一番良かったところから借りるということが多いでしょう。

お役立ち情報

福岡県北九州市においては、九州のなかでも特に人気が高い地方として、非常にいい金利で、大口の融資を受けられる可能性が高いです。 北九州には各種メガバンク、地方銀行のほか、地区別にも強い不動産担保ローンの金融機関が存在します。 このローンは金利がよく、大口の融資を受けることが容易な分、権利不履行となるケースも非常に多いです。マンション、戸建て、土地などは、 時価的な側面が大きく、非常に価値が定まりにくいことでも知られるため、金融機関の選定や返済計画の立案には綿密な調査と計画が必要です。 権利不履行となった場合には自宅がなくなるということも、常に念頭におくべきでしょう。

不動産投資

投資を行う時は、投資した事業や、商品等からの利益の見返りを期待して、出資する事をいいます。ですが、投資によって儲ける事が出来た利益は投資家に必ず戻って来るものでは無く、不確実な物です。不動産投資とは、利潤を得る事を期待して、不動産事業に資金を投じる事になります。投資した不動産物件を貸与して、定期的に家賃収入という形で利益を得たり、購入した土地や、家屋等の不動産物件を買った時より高い金額で売却し、購入時の差額の儲けを取得できる事も不動産投資と言えます。 不動産投資では、家賃収入のように定期的に稼ぐことが出来る事を「インカムゲイン」、不動産を買った時以上の価格で売却する事によリ得ることが出来る利益を、「キャピタルゲイン」と呼びます。 これらの利益も不確実なものであり、投資家の期待通りに投資した不動産の価値が高くなって売る事で多額の値上がり益を得る事が出来たり、貸している不動産物件の部屋が全て埋まり、多くの賃貸料収入を得る事が出来たりする事もあれば、不動産価格が下落して損失が出る事ももちろんあります。 このように不動産投資にも「リスク」がつきまとう物なのです。 不動産投資を行うときは、成功談にばかり目を向けず、投資家の失敗談にも耳を傾けることが大切です。

お役立ち情報

投資の「リスク」という言葉には不確実性という意味の他に、「危険、危険性」と言う意味も持っています。そして、投資が成功し、戻って来る見返りの事を「リターン」と呼びます。不動産投資は家賃が下がったり、部屋が埋まらず、空き室が目立ったりして予定していたより、賃貸料の収入を当てに出来ないない時や、買い上げた不動産の価格価値が下がったり、地震等の予測不能な災害などで建物が倒壊してしまうリスク、などりすくはありますが、土地がある限りは元々の土地の価値を下回ったとしてもその価値が0円となることは無いので、不動産投資は「ミドルリスク、ミドルリターン」の投資と言う事が出来ます。

不動産コンサルティング

コンサルティングとは、相談に対し、専門家として課題や問題点の解決方法,改善策を示すこと言います。不動産コンサルティングとは、不動産の専門家が不動産に関する相談を受けて、問題提起、解決策の提示、改善策等の判断材料として提示します。また、不動産に関する専門家としての知識や経験を生かし、問題改善、解決策を実行の管理を希望された場合もこれを管理し、問題を解決していく事も不動産のコンサルティングと言えます。お客様の不動産に関する悩みの問題に対して、企画したり、解決策を立案、提示し、提示した内容に沿って業務を進めていく事が不動産コンサルタントの仕事内容となるので、不動産業務のように、不動産の売買や、代理取引、仲介業務、などがメインの仕事ではありません。しかし、コンサルティングを行っていく上で、不動産業務である、宅地建物取引業務の事を詳しく知っておかなければなりません。

お役立ち情報

不動産コンサルティングを行う為に必要な知識や技能に関する事を問われる不動産コンサルティング技能試験があります。宅地建物取引士と、不動産鑑定士の試験に合格しており、不動産業務を5年以上行った実務経験がある事が証明できれば、試験に受かった場合の登録を受ける事が出来ます。この試験に合格すると、「公益財団法人不動産流通推進センター公認 不動産コンサルティングマスター」として「公認不動産コンサルティングマスター認定証書」などを交付され、不動産コンサルティングとして、確かな知識と技能を持ち合わせていると言う事が証明されます。この試験は全国の都市12地区で年に一度行われており、北九州地域を含む九州では、不動産コンサルティング技能試験の試験地が福岡となっております。

フリーレント

フリーレントとはマンションや、不動産物件の、賃貸契約の際、ある一定期間の家賃の支払いを免除するサービスです。 フリーレントのの条件が「契約後3ヶ月」であれば契約後3ヶ月は家賃の支払いが3ヶ月必要ありません。「3月末までフリーレント」という条件でしたら、入居してから3月末までの賃料は発生しないという意味です。 不動産業界で一般的なフリーレントの期間は1ヶ月程度〜長くても3ヶ月程度の条件が多いです。中には6ヶ月間フリーレントというような物件もあるようです。事務所や、店舗の賃貸などでは以前からこの契約条件は多く見られていました。居住用の物件では2000年頃から少しずつ表れ始め、最近は不動産業者サイトや、不動産賃貸物件サイトで”北九州 フリーレント”と検索すれば、検索結果はかなりの数に上ります。例えば賃料10万円の賃貸マンションの部屋を2年間(24ヶ月)借りるとした時、普通なら10万円×24ヶ月で240万円を2年間を通して支払うことになります。1ヶ月のフリーレント契約であるならば、10万円×23ヶ月で230万円となっています。2年間で毎月家賃が9万5千9百円であることと実質的に同額です。何故このような契約の形態があるかというと、貸主側が、少しでも早く空室状態を埋めたいという理由で行っているサービスであるから。入居者側からすれば家賃の出費を抑えることができるのでとてもありがたいサービスです。 ですが、はじめの1ヶ月だけ、無料にするくらいなら、家賃そのものの金額を下げれば良いのでは、という考えの方もいるでしょう。もし、家賃を下げて募集を行えばすでに入居している入居者から家賃を値下げしろと不平もあるでしょう。フリーレントで入居者を募集する場合は家賃の料金が下がる訳では無いので、家賃の値下げの不満への心配も必要無いのです。

お役立ち情報

北九州地区でもフリーレントの物件は数多くあります。興味のある方は、一度不動産業者に相談してみると良いでしょう。業者の方からお得な賃貸物件として紹介されることもあるかもしれません。 フリーレントの賃貸物件を借りる時には、しっかりと賃貸契約の内容を確認しましょう。なぜなら、フリーレントの不動産物件の契約では、契約期間内の解約に対して違約金や、フリーレント期間相当分の家賃の支払いを行わなければならない時もあります。もし、何かの事情で退去予定が早まり、契約期間内に部屋を退去することになったら、違約金の支払いなどで、返って負担がかかってしまうこともあるでしょう。また家賃が値下げした訳ではないので、契約を更新して、賃貸物件に住み続けた時、通常の物件より割高になる場合もあります。将来のことまで視野に入れて部屋を判断することが大事です。

プロパティマネジメント

プロパティマネジメントとは、不動産に関係性がある資産を運用し、管理を取り仕切ることです。 建物の実質的なメンテナンスや、整備を行ったりする管理や、持っている不動産をどのように効果的に使うか、商業ビルやオフィスビルの場合は、どのようなテナントを入れるかといったようなことを考えたり、 テナントの勧誘、誘致、賃貸契約の締結、賃料、共益費の回収、問題が起こった際のトラブル対応などが具体的な業務内容です。 こういったプロパティ・マネジメントの実質的な業務は、建物を所有する法人が直接行うといよりも、資産管理代行業者(アセット・マネジメント会社)が行う場合がほとんどです。 プロパティマネジメントとは、ビルマネジメントとは異なり、ビルの清掃管理や備品の管理など、ソフト面でのビルの管理を行うのではなく、ビルをどのように機能させていくのか、というハード面でのマネジメントを行います。 プロパティマネジメントを行う会社は、ビジネスパートナーとして、ビルを所有している会社の隣にいるというイメージしてもらえると分かりやすいでしょう。 ともに、ビル全体の商業的価値、収益をあげていくというのが、プロパティマネジメント会社とビル所有会社の目的です。

お役立ち情報

福岡県北九州市には、不動産価値の高いビルが乱立しています。 とくに、門司港レトロハイマートや城南タワーなど、小倉地区には120m以上の高さを誇る超高層ビルが立ち並んでおり、 そういったビルでのプロパティマネジメントの規模ははかりしれない規模でしょう。

防犯モデルマンション

防犯モデルマンションとは、地方自治体などの行政や業界団体が行った研究に基づいて認定される、犯罪に遭遇しにくいマンションのことです。 近年、マンションなどの共同住宅における、痴漢や強制わいせつ、ピッキングによる強盗被害などの被害報告が増えています。 共同住宅はどの人物がマンションの住人で、どの人物がマンションの住人ではない部外者であるのかということがマンションの住人同士であってもわかりにくいことが多い為、 こういった犯罪事件の温床となっているというケースが多くあります。 こういった犯罪被害に対する意識を高め、消費者が不動産物件を選ぶ際に、防犯を意識した住宅選びができる指標として、防犯モデルマンションは効果をあげています。 防犯モデルマンションに選定されるためには、行政機関に申請書をだすことが求められます。申請をうけた行政機関は、そのマンションの構造や防犯システムの研究を行い、防犯モデルマンションとしてふさわしいかどうか見極めます。審査基準としては、以下のようなものがあげられます。 ・3階建て以上のマンションかどうか ・足場となるような不要な柵や、死角があるか ・共有玄関の見通しの良さ、防犯カメラの有無 ・道路側からの見通し ・管理人室の有無 ・エレベーターの監視カメラの有無 ・廊下に私物がおいていないかどうか ・共有部分の照明が明るいかどうか ・バイクや自転車などの盗難対策ができているか

お役立ち情報

福岡県北九州市においても、防犯モデルマンションの物件数は年々、増加しています。

防犯住宅

防犯住宅とは、防犯に特化した住宅のことです。具体的には、死角をなくし、侵入しやすい構造を整え、侵入者があった場合には防犯システムですぐに警備会社などに通報することができるという3ステップを備えた住宅のことで、例えば、通行人に反応して光を放つセンサーライトやフラッシュライトをとりつけたり、侵入を防ぐために窓に格子やシャッターをとりつけたり、不在時でも家の住人がいるように見せるために決まった時間になったら部屋のあかりがつくタイマースイッチがとりつけられている住宅のことを言います。録画機能のついたドアホンや、2ロック式のドア、閉め忘れ防止のお知らせ機能付きのキーなども、選択式のオプションについていて、選ぶことができる住宅が増えています。こういったオプションは、リフォームの際に扉に取りつけることも可能であり、北九州市をはじめとする行政もこのような不動産物件を促進しています。

お役立ち情報

福岡県北九州市では、近年ピッキングなどによる空き巣被害が増加しています。 簡単にできる防犯対策としては、窓ガラスに補助鍵をとりつけたり、窓ガラスに防犯フィルムをはるなどといったことがあげられるが、こういった対策ではやはり、プロの反抗は防ぎきるのは難しいでしょう。特に、マンションやアパートの1階部分にある部屋や、閑静な住宅街にある戸建ては狙われやすいので、防犯住宅のリフォームを検討するか、賃貸物件を探している際には、1階は避けるようにすることが安全でしょう。また、足がかけやすい柵などを、住宅の横に放置しないということも、防犯対策になります。

変動金利

変動金利とは、固定金利期間選択型と、変動金利型の2タイプが存在し、世界の金融状況の変化にともない、返済まで定期的に金利が変化していく住宅ローンの金利のスタイルです。 固定金利期間選択型と、変動金利型の違いとしては、固定金利期間選択型においては、一定金利期間固定金利が適応され、そのあとは変動金利型になるということです。変動金利とは異なる固定金利とは、住宅ローンを借りる際に、借り入れたときに決まっている金利が返済終了時まで固定されるシステムの事を指します。変動金利型のメリットとしては、住宅ローンを借り入れた後に、金利が下降した場合、全体の返済金額が減少するということがあげられます。変動金利型のデメリットとしては、住宅ローンを借り入れた後に、金利が上昇した場合でも、返済金額が借りた当初に考えていた額より増えてしまうということがあげられます。また、住宅ローンを借り入れた場合、金利が変わる変動金利型は同じペースで返済をしていくことが不可能なので、計画的に住宅ローンを返済し辛い金利でもあります。

お役立ち情報

マンションや戸建てなどの不動産の購入を考えた場合、どういった住宅ローンを組み、返済計画を組んでいくのかという問題は非常に重要です。 たとえば、北九州銀行では、変動金利型の基準金利は年2.475%、固定金利の場合の基準金利は年3.900%となっています。現在のところ変動金利型の方が金利が低いですが、この金利の低さはいつまで続くのか確定していません。しっかりと計画を立てて返済していくことが求められます。

ま行

マグニチュード

マグニチュードとは、地震の規模を示す数値のことを言います。ニュースなどでは「M」という記号で表現されます。マグニチュードが1増えると、その地震のエネルギーは約32倍になり、2増えると約1000倍になります。震度と混同されがちですが、震度はその地点における揺れの強さを表したものであり、地震そのもののエネルギーを示すマグニチュードとは異なります。音で例えると、どれくらい大きな音だったかを示すのがマグニチュードで、自分の耳で感じた音の大きさが震度ということになります。チャールズ・リヒターが考案し、英語圏では「リヒター・スケール」という名称の方が一般的です。マグニチュードの種類としても様々なものがあります。リヒターマグニチュードや表面波マグニチュードや実体波マグニチュードやモーメントマグニチュードや気象庁マグニチュードがある。東北地方太平洋沖地震において、発生当日に気象庁マグニチュードでは速報値7.9、暫定値8.4と発表したが二日後に発表されたモーメントマグニチュードは9.0でした。マグニチュードはだいたい8を超えるような値になると頭打ち傾向になり、リヒターマグニチュードでは約6.5くらいから飽和してきて、約7が最大値となります。しかし、頭打ちが起こりにくいモーメントマグニチュードが考案され、より正確な値を計測できるようになりました。発生頻度としても、マグニチュードが1増えるにつれてだいたい10分の1になります。マグニチュードが小さい地震でも震源が浅ければ震度は大きくなります。熊本の地震で前震とされた地震ではマグニチュードは6.5でしたが震源が浅かったため震度7が観測されました。地盤などの関係もあり、マグニチュードが小さい地震だからといって震度が小さくなるということはありません。

お役立ち情報

*メリット 1981年に新耐震基準法が施行され、不動産においてもその基準をもとに建てられた戸建てやマンションは「震度6強以上の地震で倒れない住宅」の設計となっています。北九州においても場所によって揺れやすさが変わってきます。「ゆれやすさ」全国マップというものがあり、そこで住んでいる地域や住もうとしている地域の揺れやすさを知ることができます。新しく不動産の購入や賃貸マンションの契約などを考えておられる方はチェックしておかれた方が良いかもしれません。いずれにしても、現代の技術ではいつどこでどのような地震が起きるのかを正確に予測することができないので備えでの当事者意識や、デマに踊らされない心構えが必要といえるでしょう。

町屋再生

町屋再生とは、町屋を改修して活かすことのことです。町屋とは古くからある民家の一種で、通りに面して比較的均等に建てられており、伝統的な建築方法が使用されています。町屋が間口が狭く奥に縦長い形式が多いのは、江戸幕府がその当時は間口の広さによって課税をしていたためだといわれています。近代に入ると都市部に人口が集中したため、居住面積の必要も変わり、伝統的な町屋の形式も段々と消えていくこととなりましたが、1975年に文化財保護法が改正され、残っている町屋を保護する取り組みが始まりました。しかし、耐震・防火性を確保して現存維持をしていくだけではなく、手を加えながら住みやすいように利便性を高めたり、従来のデザインを活かしつつも現代の生活様式に合うようにうまく改修していく工夫がなされています。また、そこでしか体感できないノスタルジックな風景、醸し出す雰囲気を利用して観光業につなげ、市街地の再生・活発化に貢献しようという大きな目的もあります。

お役立ち情報

様々な不動産業者や各地方自治体等の手によって、今は使われていない伝統的な建築様式の古い古民家や町屋が再び使えるようになっている実例が全国でも増えてきています。それによって観光業が活発になり、実際に地域の活性化にも繋がっています。北九州にも、町屋を改修して実際に賃貸住宅として一般の方が住ん でいる物件もあり、人気を博しているものもあります。しかし、改修にまで手についていない町屋は老朽化が進んでおり、数は少なくなっていく一方だとも言われています。もし町屋にご興味がありましたら、取り扱っている不動産業者に問い合わせをしてみてもいいかも知れません。

無落雪屋根

屋根に雪が残ったままでも自然処理が可能な、主に北海道・東北地方で見られる住宅の屋根です。 大別して3つの方式があり、勾配があり更にの雪止め構造タイプ、雪が頻繁に落ちないように考慮されたルーフフラットタイプ、屋根の中心をへこませヒータ機能を持ったスノーダクトタイプがあります。 屋根には排水経路となる部分の自然融解水を排水する仕組みがあり、雪解け水や雨水を下へ落とす排水溝が確保されています。 「九州」ということで暖かく思われがちな地域ですが、北九州は日本海に面しているため冬は寒く雪も降ります。北九州の不動産でも無落雪屋根を施工する所が増えてきています。

お役立ち情報

*メリット 雪下ろしがいりません。 建物の隣に雪が落ちないので、狭い土地を有効活用できます。 厳しい冬を過ごす青森市では、安全を考え雪が危険な形で落下しないようにするために無落雪屋根を設置する場合は、市から金銭的支援を受けられる制度があります。 *デメリット スノーダクトタイプでは冬の風向きによっては、雪庇が出来ないように、屋根部分に電熱線などを仕込む対策がとられています。雪の自然融解のため、排水部分にゴミがたまりやすいのでメンテナンスも重要となってきます。 また、積雪期間に屋根にある程度の雪が積もった重量に耐えられる構造が求められます。

御影石

御影石とは、神戸市の御影地方で採掘される花崗岩の石材名です。逆に言えば、神戸市の御影で採掘された花崗岩で作られた石材のことを御影石といいます。色によって、黒御影や白御影や桜御影や赤御影や青御影などと呼ぶ場合もあります。他の地域で採れたものは別の呼び方をし、笠間市稲田で産出したものから作ったものを稲田御影と呼びます。また、現在の建築や石材の分野では花崗岩だけでなく、完晶質の深成石のすべてをさして用いられます。光沢の出る墓石材の通称を御影石というようになってきており、本来の御影石から、広い意味で使われるようになってきました。産地としても外国産のものも御影石という場合があります。御影石の用途としては、不動産などの敷石や外装や階段、庭石や墓石などでよく使われます。耐久性が良く、硬いことから建築物で多く使われていますが、耐火性は劣ります。その性質を利用したバーナー仕上げを始め、本磨き仕上げ、水磨き仕上げ、小叩き仕上げ、ビシャン仕上げなど様々な仕上げ方があります。本磨き仕上は水などによって濡れると滑りやすくなっていまうので、廊下や玄関や浴室の床はバーナー仕上げのものが良く使われます。最近では、様々な使い方が増えてきて御影石オーディオボードなるものがあり、これはスピーカーなどの音響機器の下に敷くことで、不要な振動を抑えることができ、本来の状態では聞き取りにくい低音域の音や高音域の音も聞こえやすくなるものです。オーダーメイドで様々な形に対応したものを作ってくださるので様々な不動産にお住いの方でもお求めやすいものとなっております。マンションから戸建てに引っ越される場合はご検討してみてはいかがでしょうか。

お役立ち情報

先ほども紹介したように、オーディオボードなど様々な用途が期待できます。また、お墓を建てる際にほとんどの場合で御影石が使われます。北九州市内でも御影石などでお墓を作ってくださる石材店がありますので、お墓を作られる際は様々な加工の説明を受けて決められると良いでしょう。また、御影石を用いて水回りや玄関などのリフォームを行っている工務店もあります。北九州市にもございます。戸建てにお住いの方は表札も御影石を使っておられる方もいらっしゃると思います。

民民査定

個人所有や、企業所有の私有地を売買する際に、土地の境界を定める為の査定を「民民査定」といいます。 測量図や、公図で境界線を確認できますが、実際これだけでは不十分なので、 土地調査家屋士や測量士と、土地の所有者同士が立会い、確認を取った上、境界プレートという標識の杭を打ち込み確認書を締結させるまでの流れが境界査定です。 その土地と土地が民間(私有地同士)であれば、「民民査定」、 私有地と公道や国所有の土地であれば「官民査定」と呼びます。 つまり「国や自治体」のことが「官」で、「私有地」のことが「民」というわけです。 また、隣地が戸建てではなく、区分所有マンションで、多数の所有者が存在する場合は、全員の確認を取るのは大変なので、理事会があれば理事長に代理して境界確認をしてもらうことができます。 隣地が賃貸マンションや戸建ての場合は、入居者ではなく、所有者(家主)、もしくは管理不動産会社が立会ってくれます。 また、隣地所有者と意見が不一致して、合意が得られなかった場合、筆界特定制度というものがあります。法務局の担当者により境界を判断しますので、訴訟などを回避することができますし、訴訟を起こすよりも費用が安く、時間的にも短くてすみます。

お役立ち情報

土地を売買する際、のちのちトラブルにならない様にする為、 不動産屋に確認し、境界プレートを実際に見て把握しておきましょう。 また、土地調査家屋士に依頼すると費用が発生してしまいますが、田舎の土地や、元々ご近所付き合いが上手くいっている場合は、自分たちで境界査定をしてもかまいません。 境界プレートの前で、両者指さし確認をしている写真を取り、裏にでも 「2016年、何月何日、お名前、お名前で境界線確認」と記入し保管しておきましょう。 土地の所有者が相続などで変わったとしても、写真があれば今後トラブルが起きにくくなります。 また、それでも手に負えなくなった際、北九州には法律や人権問題について解決してくれる事務所もありますのでこじれない内にそちらに依頼をしましょう。

名義変更料

名義変更料とは不動産(土地や戸建てに限らず分譲マンション等)の所有者が変わった際、名義変更の登録時に発生する費用の事です。 実際には、司法書士への報酬、名義変更登記における登録免許税、登記事項証明書取得時の物件調査費用を総称して名義変更料と呼びます。 名義変更がどのような時に必要になるかというと、所有者が亡くなり相続する場合や、贈与、離婚による財産分与、売買契約などで持ち主の変わった際必要となります。 正し、名義変更には期限がありませんので放置される方もいます。 しかし売却希望の際、相続人の名義でないと売却することが出来ませんので、早めの名義変更をおすすめいたします。 また賃貸物件の場合も、基本的に名義変更の連絡だけはしないといけません。 手続きの必要のない所もありますが、保険などの関係で契約更新となり、費用がかかる場合もあるので必ず連絡だけはしておきましょう。 名義変更における料金は不動産評価額にもよりますが、依頼する司法書士や、自分がどの程度書類を集める事ができるのか、または名義変更の原因により料金が大きく左右しますので、いくらと断言することが難しいです。 必要書類をご自分で全て用意できる方で、安くても4~5万、全てお任せする場合、20万~30万前後の場合もあります。 ですが、手間と時間をかけられる方は、法務局と役所を往復し自分で変更する方法もあります。

お役立ち情報

固定資産例えば実家が北九州にあり、相続をすることになったが、相続人は現在東京に住んでいる場合どこに頼めばよいのでしょうか。答えはわざわざ北九州の司法書士へ依頼しなくても、東京の司法書士へ依頼する事ができますので大丈夫です。正し、遠方ではやってくれない事務所もありますので、事前に電話で確認をしておきましょう。

メゾネット

メゾネットとは、1つの建物内部に内階段が設置され、2層以上ある間取りの事を指します。簡単にいえば、マンション内に、2階建て、もしくは3階建ての戸建て住宅が組み込まれた様な感覚です。 テラスハウスとよく似ていますが、テラスハウスとは、低層階の2階以上で連棟の建物の事です。一般的にテラスと庭付きのものが多く、よく賃貸物件にみられます。 また、メゾネットとロフトも似ていますが、ロフトは天井の高さや、窓の面積が部屋の基準に満たしていないので、メゾネットではなくロフトと呼びます。 メゾネットのメリットは、作りにもよりますが、内階段に窓や吹き抜けのスペースが設けられるので、1階まで採光がとれます。小さなお子様がいるご家庭でも、普通の賃貸アパートやマンションと違い騒音を気にせず戸建て感覚で生活ができます。 デメリットはバリアフリーではない為、高齢者や足腰の悪い方には使い辛い所です。 また賃貸情報誌等に掲載されている平米数より、階段も平米数に含まれている為実際に生活スペースとして利用できる面積が少なくなります。 また、リビングに直結する階段で扉のない場合、エアコンの稼働効率が落ちるので、扉の有無はよく確認しておきましょう。

お役立ち情報

北九州でも人気のメゾネット物件ですが、戸建ての感覚で住めるのに、集合住宅ですので、同じ間取り、築年数の戸建てと比べると賃料は平均で1万円以上お得になります。また北九州の不動産会社で募集された賃貸マンションの物件ですが、1階が車庫(共同駐車場)、2階がリビングや水回り、3階が居室という間取りの物件があり、掲載後すぐに情報サイトから姿を消していたので、どうも即決だったようです。雨に濡れない駐車場で、メゾネットだと夜勤の方もお隣を気にせず夜中に水回りが使用できるので、工場や病院が立ち並び、夜勤の方も多い北九州地区にはピッタリの人気物件です。

モデルハウス

モデルハウスとは、マンションや戸建ての購入を検討している方が、実際住む為の物件ではなく、実際に建物の中に入り体感して住んだ時のイメージを膨らます為に建てられたモデルの事を言います。 新築マンションでしたら、モデルハウスではなくモデルルームと呼びます。建設中の部屋に入るのは危険ですし、施工業者の作業効率も落ちる為、マンションの1部屋だけをモデルとして予め創っておき、そこを見ていただきます。 住宅展示場には複数の住宅メーカーが競合しており、建ち並んでいる戸建て一つ一つがモデルハウスです。こういった展示場では他社と比較することができるので、自分の金銭面やライフスタイルに合った会社を選ぶことができます。 北九州で地域ならではのやり方で成功した住宅メーカーの手法をご紹介します。 北九州の中心部は栄えていますが、交通機関が行き届いていない、不便なエリアもまだ多くあります。 この会社はそういった利便性のよくない田舎の土地をまとめて安く買い上げ、 あまりお金をかけられないけど新築を建てたい、車で移動可能な若い世代の方をターゲットにしています。結婚の高齢化が進む中、北九州では若年層の結婚もまだまだ多くありますので、ぴったりな手法なのです。 道路沿いの目を引く区画に1棟のモデルハウスを建て、それを参考にしたお客様が次々と周りに家を建てていき、その一帯がどんどん団地となっていきます。 まとまった場所に物件があるので、アフターフォローも素早く対応できます。 また、モデルハウスも1~2年経つと建売りとして販売しています。普通に新築するよりも費用が抑えられますし、モデルとして作るくらいなので、仕様も高級感があります。 エアコンなども付けたまま売ってくれる事もあり大変お得です。 デメリットとしては間取りが気に入らないと住み辛い事と、先に家を建てたご近所さんに間取りを知られている事くらいでしょうか。

お役立ち情報

モデルハウスとオープンハウス。言葉は違いますが意味は少し違います。 オープンハウスとは、主に不動産屋が主催する、中古物件や建売り物件、または賃貸物件等(既存の物件)の内覧会のことを言います。住みたいと考えている方が足を運び、実際ここに住んだ時のイメージを掴んでいただく為に内覧会を催します。

モデルルーム

モデルハウスとは、マンションや戸建ての購入を検討している方が、実際住む為の物件ではなく、実際に建物の中に入り体感して住んだ時のイメージを膨らます為に建てられたモデルの事を言います。 新築マンションでしたら、モデルハウスではなくモデルルームと呼びます。建設中の部屋に入るのは危険ですし、施工業者の作業効率も落ちる為、マンションの1部屋だけをモデルとして予め創っておき、そこを見ていただきます。 住宅展示場には複数の住宅メーカーが競合しており、建ち並んでいる戸建て一つ一つがモデルハウスです。こういった展示場では他社と比較することができるので、自分の金銭面やライフスタイルに合った会社を選ぶことができます。 北九州で地域ならではのやり方で成功した住宅メーカーの手法をご紹介します。 北九州の中心部は栄えていますが、交通機関が行き届いていない、不便なエリアもまだ多くあります。 この会社はそういった利便性のよくない田舎の土地をまとめて安く買い上げ、 あまりお金をかけられないけど新築を建てたい、車で移動可能な若い世代の方をターゲットにしています。結婚の高齢化が進む中、北九州では若年層の結婚もまだまだ多くありますので、ぴったりな手法なのです。 道路沿いの目を引く区画に1棟のモデルハウスを建て、それを参考にしたお客様が次々と周りに家を建てていき、その一帯がどんどん団地となっていきます。 まとまった場所に物件があるので、アフターフォローも素早く対応できます。 また、モデルハウスも1~2年経つと建売りとして販売しています。普通に新築するよりも費用が抑えられますし、モデルとして作るくらいなので、仕様も高級感があります。 エアコンなども付けたまま売ってくれる事もあり大変お得です。 デメリットとしては間取りが気に入らないと住み辛い事と、先に家を建てたご近所さんに間取りを知られている事くらいでしょうか。

お役立ち情報

モデルハウスとオープンハウス。言葉は違いますが意味は少し違います。 オープンハウスとは、主に不動産屋が主催する、中古物件や建売り物件、または賃貸物件等(既存の物件)の内覧会のことを言います。住みたいと考えている方が足を運び、実際ここに住んだ時のイメージを掴んでいただく為に内覧会を催します。

マンション

マンションとは、もともと「豪邸」を指す英語ですが、日本においては、大型の集合住宅施設を指します。規模としてはアパートよりも大きい共同住宅のイメージです。マンションは日本では1950年代ごろから広まり、バブル景気の際に多く建てられました。  マンションの構造としては、木造建築ではなく鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで作られている場合が多く、高層である場合もあります。  マンションにはファミリー層をターゲットにしたリビング、ダイニング、キッチンと複数の個室のついたタイプのものと、単身者をターゲットにした居室空間とダイニングやキッチン等に仕切りのないワンルームタイプのものがあります。  マンションの一室を購入する場合や、賃借する場合などは、居室にかかる費用のほかに管理維持費がかかる場合もあります。マンションには公共空間の管理をしてくれる管理人や管理会社が存在する場合も多いです。

お役立ち情報

北九州市は、活断層が少なく、全国平均で見てみてると比較的地震の少ない地区に分類されますが、地震大国日本ではどの地域も気をぬくことはできません。  新しく住宅や建造物を建てる場合に耐震構造を取り入れた施工を行う場合や、既存の建築物に耐震工事を行う場合、耐震診断を行う場合は申請をすれば北九州市から、「北九州住宅・建築物耐震改修工事費等補助金」の交付を受けられる可能性があります。補助金の交付には多様な条件や期限があるため、しっかりとチェックしてみまましょう。

マンション管理業者

マンション管理業者とは、マンション管理組合から依頼を受けてマンションの管理を行う業者のことを指します。  マンション管理業者は国土交通省から一定の基準を満たしたことを証明され、認可を受けなければなりません。  具体的な仕事としては、公共空間の清掃や管理、受付、エレベーターなどの点検、事務報告、マンションの公共空間の会計、修繕、修繕企画、排水、消防施設などの管理、駐車設備の管理等があげられます。  住民はマンション管理業者に家賃とは別に管理費、公共空間の光熱費や点検費、駐車駐輪場の利用料、マンション管理組合費、マンション全体や公共空間の修理、修繕のために使用される修繕積立金などを支払う必要があります

お役立ち情報

北九市では、不動産物件に関する相談を受け付ける「住宅相談コーナー」が無料で開設されています。場所は、北九州市立商工貿易会館1階(モノレール旦過駅前) 一般財団法人 福岡県建築住宅センター北九州事務所内です。  賃貸物件に関するトラブルやマンションの購入に関することだけでなく、マンション管理士を派遣して現地で相談にのってもらえるマンション管理士派遣事業も行っています。北九州市内のマンション管理組合の役員等であれば一般の人でも相談することが可能です。

前家賃

前家賃とは、マンション、戸建てなどの不動産賃貸物件を契約する際に、賃貸契約を結ぶタイミングで借主が貸主に支払う金銭の総称をいいます。 前家賃とは、敷金、礼金、仲介手数料といった諸雑費とは別に請求され、賃貸契約を結んだ日からの月の残りの日割りの家賃と、翌月分の家賃の合計となることが世間一般的です 。また、家賃だけでなく、管理費や共有費、駐車場の利用料金なども、総じて月の残りの日割り分と、翌月分を一緒に大家さんなどへ収めることが多いです。したがって、前家賃とは、平均的に1か月分から2か月分の家賃、管理費、共有費、駐車場などの利用料をまとめて支払うこととなりますので、ある程度のまとまった金額となります。実際に部屋に住んでいない期間でも、家主と契約を結んだ日から前家賃は発生することがほとんどで、なぜなら、マンションや戸建てなどの賃貸物件の持ち主は、1日でも長い期間、人に部屋を貸すことで、より多くの家賃収入を得たいと考える物件の持ち主が、1日でも早く入居してくれる人に部屋を貸したいからと言う理由があります。

お役立ち情報

福岡県北九州市における、マンション、戸建てなどの平均的な不動産物件の前家賃の金額としては、10万円から12万円程度です。 そのほか、敷金、礼金、保証金なども部屋を契約した時に支払うことを求められるので、合計としては20万円程度用意しておくと安心です。前家賃制度のない住宅もあるので、福岡県北九州市で賃貸物件の賃借を検討している場合、ぜひ一度わたくしどもにご相談下さい。

棟上げ

棟上げは木造住宅の工事で、柱を立てる作業を行ったあと棟木といわれている屋根小屋組の一番高い所からかける水平の材を入れる作業のことと、その作業を行う際に行われる儀式についても棟上げと呼ばれます。日本の習慣で新築の際に行われる祭祀において上棟式、建前、建舞とも呼ばれる事があります。棟上げには神道様式と仏教様式の2種類の方式があり、建物の無事を祈願して儀式が行われます。建物が完成してからも、建物の無事を祈る儀式です。式の方式は神社で行う祭祀のように定まった形はなく、地域による差があります。たとえば祭祀を行う際屋根に祭壇を設ける場合や屋上に祭壇を着くって地上で祭祀を行うか、いずれも地上において祭祀を行う場合等、様々な違いがあります。神社本庁では棟式は神社の他の祭祀同様に修祓、降神、献饌、祝詞奏上を行い棟上げで行われる独特の儀礼は、曳綱の儀、槌打の儀散餅銭の儀を挟んで他の祭祀と同様に拝礼・撤饌・昇神・直会を行う流れになります。建前では棟上げは普請を生業にする職人がいる北九州のような地域では、棟梁(大工)が中心になり大工の作成した番付表(組み立て手順書の様な物)を見て鳶職が軸組みの組み立てを行うときに一番高いです。

お役立ち情報

北九州の不動産には由緒正しき左官屋さんがいつも新築を請け負ってくれます。賃貸のマンション物件を借りたり、戸建ての不動産物件を購入するうえでご利益も欠かせません。北九州にはきちんと棟上げの儀式を行い、建て主さんたちとの信頼関係醸成してくれる左官屋さんがたくさんいます。棟上げの儀式を行い建物の無事を祈願する行事は日独自の本の素晴らしい物だと思います。北九州の不動産の棟上げにおいても無事の祈願を行うことでより安全な戸建てや、マンションなどの住宅の提供が出来るのです

免震構法

免震構法とは、地震が起こった際に、地震の強大なエネルギーを分散させることによって、建物など、構造物の破損を防止したり、最小限に抑えようとする工法のことです。 具体的には、揺れを吸収することのできる免震装置を建物の下に取りつけ、地震が起こった際に揺れが伝わりにくくするといった構造となっています。建物の揺れがこの装置を付けることで小さくなるため、内部にある家具や食器などの倒壊、破損なども防ぐことができ、地震による不動産被害をおさえることが可能です。よく似た建築方式に、耐震構造があるが、耐震構造は免震構造とは違い、建物自体に工夫をほどこしたり、素材を揺れに強いモノにするといったような構造で建てられているため、建物自体が全壊してしまうなどの被害はおきづらいが、免震構造のように建物内部の被害を抑えることができません。したがって、免震構造のほうが、実際の地震に対する対策としては効果が大きいと言えます。しかしながら、耐震構造とは違い、免震構造は建物の下に免震器具を入れないといけないので、リフォームのような形では機能させることができず、建て替えなどが必要になってくるということで、費用の面でのデメリットは大きいです。免震構法を使用して建てられた建造物は免震建築と呼ばれます。

お役立ち情報

福岡県北九州市は、特に戸建てにおける不動産の木造建築が多く、こういった建築は地震に弱いことでも知られる。建て替えなどを検討している場合は、免震構造住宅を検討してみるのはいかがでしょう。

面格子

近年において住宅への防犯対策が課題となっています。住宅の空き巣被害、強盗が問題視されている中、住宅の防犯対策は様々な物が存在します。中でも窓からの侵入されるケースの被害が増えています。窓からの侵入者に対して面格子による防犯が効果的といえます。侵入方法が巧妙化する中防犯性のより高い対策が必要となります。面格子は窓に取り付ける防犯対策で、実際の侵入を防ぐだけではなく、犯人の侵入意欲の抑制効果としても絶大な効果があります。北九州の不動産においても長年窓からによる被害に悩まされてきました。そんな中北九州では面格子を設置した住宅が近年増加して、住宅被害は大幅に減少しました。現在防犯対策が万全な北九州では空き巣等の犯罪被害がきわめて低いと言えるでしょう。都市圏に限らず地方でも防犯対策が今後の課題となります。人口の分散は犯罪の軽減につながりますが。住民を受け入れる地方において防犯対策は非常に大切となります。防犯対策が非常に大切となってきます。北九州では防犯対策に第一に取り組んでいます。

お役立ち情報

北九州の不動産としまして面格子を初めとした様々な防犯対策が今課題となっていますが、様々な防犯対策が増えてきまして犯罪率がきわめて少なくなってきました。北九州の賃貸におきましても、防犯対策がなされた住宅が非常に多いのが特徴です。住居に住む上で犯罪に巻き込まれることは非常に恐ろしいことです。こういった犯罪を未然に防ぐべく北九州の不動産では防犯対策が徹底されています。都市圏では防犯対策が不十分で犯罪に巻き込まれるケースが非常に多い中、北九州では犯罪が非常に少ないだけではなく、防犯対策も万全になってきています。安全な北九州の住まいに移住してみてはいかがでしょうか?

盛土

日本は平地だけでなく山や、丘等の傾斜した土地に住宅地がある地域が多く在ります。そのような場所で家を建てる為に行われている造成方法が盛土と切土と言います。傾斜した土地に住宅地の造成を行う時には、盛土部分と切土部分が混在します。盛土は低い地盤や斜面に土砂等を盛り上げて高くし、転圧(締め固めとも呼ばれます。)作業を行い、平坦な地表を作る事を言います。盛土はこの転圧や、元の地盤を改良する工事がきちんと行われていない時には軟弱地盤になってしまう恐れがあります。転圧の作業は、難しい作業で、土地の転圧不足になってしまう事があるので注意が必要です。造られてから間もない時期に売りに出される不動産物件や、住宅地には注意しなければなりません。新しく盛土で作られた土地は3年から5年程度で地盤沈下や、圧縮等が収まると言われていますが、盛土を行った土地の内部にコンクリート片や、廃棄物、大きな石、岩、木の根等が混ざっていたりすると、空洞ができてしまったり、腐って崩れたりする事で盛土が10年経っても安定しないと言う事もあるようです。また、盛土は水田や、谷などを埋め立て、盛土を行い土地を造る場合もあります。このような造成地の場合は、地震等が起きた場合に崩れたり、地盤沈下を起こしてしまうことも有ります。

お役立ち情報

盛土、切土によって地盤との高低差がある土地や、昔に埋め立てられて造成された土地の不動産物件を買おうと考えておられる方は売り主である不動産業者や、不動産仲介業者にきちんと確認を行い、図面の提示や、説明をしてもらう事がいいでしょう。北九州地区でも盛土、切土を行った土地は数多くあります。もしこれから買おうとしている不動産物件の地盤が盛土で作られた土地で、不安を感じるならば、地盤調査を行ってくれる業者に依頼をするのも一つの方法でしょう。北九州地区にもそのような業者はいくつかあります。地盤が弱いと分かった場合には、売り主へ地盤改良を要請すると良いでしょう。安心して家に住む為にきちんとした調査をすることが大事です。

や行

屋根材

屋根材とは、瓦などの屋根に乗せたりするもののことを言います。建物を雨や火災などから守ってくれる大事な役割を担っています。屋根材には様々な種類がありますが、その種類によって屋根の傾きも変わってきます。地方ごとに気候も異なるので屋根の傾きや屋根材もそれぞれの地区に合わせて設計していく必要があります。屋根材の重さも耐震の面で様々な影響があるので、その点も考慮して選ぶ必要があります。種類としては瓦やスレートや金属屋根などが主流です。スレートは天然スレート、無石綿(アスベスト)スレート、セメント系スレートがあります。スレートは軽く値段も安く色合いも豊富だったり耐久性があったり燃えにくかったりするのがメリットです。デメリットとしては定期的に塗装を行わないといけないことなどがあります。瓦は釉薬瓦と無釉薬瓦があります。耐火性や断熱性が減りとです。デメリットとして、重かったり凍結に弱かったり高価であることなどがあります。金属屋根は様々な種類があります。一般的なもののメリットとして軽く安価なことなどです。デメリットとしては、サビに弱かったり雨音が激しかったり断熱性能が弱ったりすることなどです。しかし、最近ではガルバリウム鋼板というものが登場し、多くの方に選ばれています。ガルバリウム鋼板は耐久性に優れており、熱反射率、耐熱性も優れており雨音も防ぐ加工をすることもできます。金属屋根のデメリットを改善していったもので、近年これを導入される方が多いようです。また、ぞれぞれの屋根材でメンテナンスが必要になってきます。釉薬瓦は割れない限りメンテナンスの必要はありません。無釉薬瓦は50年程度を目安に葺き替えをする必要があります。スレートは種類にもよりますが、15年程度を目安に塗装をする必要がでてきます。ガルバリウム鋼板も同じような時期で塗装をする必要があります。それぞれの屋根材で特徴がありますので、しっかり検討して選んだ方が良いです。

お役立ち情報

北九州市内にも屋根材のメンテナンスや戸建てを新たに建てる場合に屋根材をしてくれる業者さんがあります。戸建てにお住いの方で、メンテナンスが必要そうな時期だと思われる方は一度相談をしてみることをお勧めします。無料で見積もりをしてくださるところもあるので、相談してソンはないと思います。

役物柱

役物柱とは、建物が出来上がった後も内部に隠れることなく見えている柱のことです。主に木造建築の戸建てに見られます。磨き丸太や無節材がよく使われる。磨き丸太は表面の樹皮を水圧などで剥いて、芯まで切れ目を入れて、その後に薬品に漬けたり天日干しをして乾燥させてから磨いて作ります。無節材とは、表面に節がない木材のことです。木材には無節、特選上小節、上小節、小節、生節化粧用一等という等級決定基準があります。特選上小節は無節に近く、無節と比べると小さな節が少し入っています。上小節と小節の区別はあいまいです。会社によって規定が違うようです。役物柱に使う磨き丸太でもいろいろなものがあります。絞り丸太というものがあり、これには表面全体に波状のシワのようなものがあります。天然のものと人工のものがあります。錆丸太というものもあります。これは木を切ってから山の中で樹皮を剥いてそのまま放置して、自然の力でカビを発生させサビさせてそれを磨いたものです。出節丸太というものもあります。無節では嫌われるような節を逆手にとって利用したものです。住宅に使われる木材も様々なものがあります。水に強かったり菌や虫にも強いヒノキ。湿気や菌に強く比較的安価なヒバ。柔らかく香りも独特で安価なスギ。耐久性、耐火性、虫に強いクリ。強靭で耐久性がある高価なケヤキ。反りや狂いが少なく粘りのある強さを持った安価なサクラ。硬くて粘りが強く安価なブナ。きめが細かい高価なウォルナット。柔らかく扱いやすいファルカタ。水分に強く比較的安価なアカマツなどがあります。それぞれの木材の種類や加工方法や大きさによって価格は変わってくるので購入される際はいろいろ比較された方が良いと思います。

お役立ち情報

北九州市にも住宅資材を販売したり新築やリフォームや改築などを行っている木材店があります。和風の戸建てなどを新築で建てる場合は役物柱は思い入れのあるものになることでしょう。いろいろな種類があるので、自慢できるようなこだわりのある役物柱を選んでみるのも良いのではないでしょうか

床暖房

電気・ガス・灯油などを使って床を暖め家の内部を暖める暖房方法のことです。電気ヒーター式と温水式の2種類あるが、ヒーターや熱源の種類によって様々な暖房方法が存在します。電気ヒーター式・・・電熱線式・カーボン式・PTC式・蓄熱式。温水式・・・電気(エコキュート・ヒートポンプ・太陽熱)・ガス・灯油。電気ヒーター式は、熱源機が必要ないため設備費が低く、燃料費は高いです。温水式は熱源機(ボイラー)によりコストが異なるが、ガス(都市ガス・プロパンガス)を使った温水式床暖房がもっとも利用されています。ちなみに、温水パイプ(ポリエチレン管)の耐用年数は30年~50年。ボイラーは10年~15年。不凍液の補充・交換は3年~7年毎。また一般的に、床暖房の保証期間は2年~10年となっています。

お役立ち情報

北九州の不動産では、LD床暖房は新築一戸建て・マンションの他に、リノベーション物件にもみられます。韓国では床暖房「オンドル」が、一般住宅をはじめ広く普及しています。オンドルは現代では温水式ですが、古代はかまどの煙(熱)を床下に通して部屋を暖め、煙突から出すという方法でした。朝鮮時代の宮殿には、美しく装飾されたオンドルの煙突をいくつも見ることができます。特に「景福宮」や「昌徳宮」の集合煙突は、芸術的価値が高い、煙突が集まっています。床暖房の種類と使用時間の料金などを比較して、生活していく中で使用する状況や、使用する頻度を視野に入れた床暖房選びが大切です。
床暖房は施工すると簡単に入替えのできない設備ですから、安全で耐久性のすぐれた製品を選ぶ必要があります。床暖房の保証は一般的に2年~10年です。保証期間は製品の目安として考えられるのではないでしょうか。温める場所が広いほど燃費が重視されます。放熱効率や熱源機の種類によって異なりますから、北九州の不動産はランニングコストを低価格に抑えるエコキュート(ヒートポンプ)方式を選ぶことをおすすめいたします。

雪見障子

雪見障子とは、障子の下部にガラスがはめてある障子のことです。ガラスの部分から外の雪を見ることができるのでそれにちなんで名付けられました。寒い季節に外に出なくとも、家の中から外の美しい雪景色を見ることができるので、たいへん風情の良いものとして親しまれています。しかし、他の障子紙だけを貼った障子よりも加工の段階でコストがかかったり手間も増えるので、それほど多くの家庭で取り入れているというわけではないでしょう。似たもので猫間障子があります。こちらは雪見障子のガラス部分を覆うための上げ下げ式の障子がついたものになります。他の障子の種類も様々なものがあります。組子の間隔が大きい荒組障子、横の組子の数が多い横繁障子、縦の組子の数が多い竪繁障子、下部を板張りにしてある腰付障子などがあります。障子は平安時代の頃から普及し始めて、現在でも和風住宅には欠かせないものでしょう。湿気を防いだり外からの熱も防いでくれたり、太陽の光も適度に通してくれるので暮らしの中で非常に役に立っているものです。普及し始めた頃はガラスはまだ流通していなかったので雪見障子は後からできたものということになります。とりわけ、明治から大正時代の頃でしょう。江戸時代頃から組子のサイズを工夫するようになって、現在に残るようなたくさんの種類の障子が生まれていきました。明治維新を機に、洋風住宅が普及していきましたが、その中でも障子は様々な形で利用されています。雪見障子はガラスが割れた場合にはガラスの交換も必要ですが、障子の張替えは基本的には水とのりがあればできるので簡単に行うことができます。家の天井に障子をはめ込み、吹き抜け部分を障子で覆うことにより寒さ対策や明るさの確保などをした用途もあり、今後も障子は私たちの暮らしの一部として残っていくのではないでしょうか。

お役立ち情報

最近では、新築で戸建てやマンションなどを建てる際に和室を設置することが少なくなりました。そんな中でも、マンションでも戸建てでも洋室の中に障子が組み合わせて使われる場面が多々有ります。北九州市においても、畳と襖の張り替えを行っている業者があり、そこでも雪見障子を扱っておられます。破れにくい障子紙の張り替えもやっておられるので、張り替えの際はチェックしてみても良いかもしれません。

浴室乾燥機

浴室や衣類を、換気・乾燥させる設備。換気や乾燥だけでなく、暖房・涼風機能を兼ね備えたものもある。熱源は電気とガスの2種類あり、さらに電気を熱源とするものには、ヒーター式とヒートポンプ式があります。 電気式に比べてガス式の方が乾燥スピードが早く、ランニングコストも安いです。しかしガス式は、イニシャルコストが高いのが難点です。 浴室乾燥(暖房)機のメリットは、雨の日や冬場に衣類をしっかり乾かせる・洗濯乾燥機に比べ、衣類にシワ・縮みができにくい・衣類に花粉がつかない・浴室のカビ予防・のぼせや冬場のヒートショック防止などがあります。

お役立ち情報

北九州の不動産をみると、浴室乾燥(暖房)機を標準装備している一戸建て・マンションが増加しています。一般的に、タワーマンションやデザイナーズマンションでは、落下物防止や美観の問題などから洗濯物の外干しを禁止しています。 また海外で部屋干しは特別なことではなく、コインランドリーやマンションのランドリールームを、日常的に利用している国も多いです。 ハワイをはじめアメリカでは、市や町の条例や地主・家主との契約で、外干し禁止となっているケースがよくみられます。 しかし近年、環境問題でエコを推進する動きから、外干しOKとする風潮もあります。 電気代は暖房機能同じ程度かかるので、 使い過ぎには注意が必要です。 北九州の不動産では乾燥機能を使う時は、電気代の安い夜に使用したり、エアコンや、扇風機などを併用することで、乾燥スピードを上げ、コストを下げる方法や、洗濯後すぐに乾燥機を使用するのではなく、ある程度洗濯物を乾かしてから使う、使用時間のカットなど、他の機能や、いろいろな節約方法を活用したり、または除湿機を合わせて使うことをおすすめしております。

床下収納

床下収納とは、床面の下に設置する収納スペースのことを指します。1階部分だけでなく、多層階の2階以上にも設置される場合があり、デットスペースの有効利用や収納スペースの確保という目的で、非常に人気があります。

お役立ち情報

床下収納に食品などを収納する際には、温度や湿度の管理にも気を付けていただきたいです。床下収納は湿気がたまりやすいので、換気口をカーペット やラグなどでふさいでしまわないように気を付け、除湿器や温度計を完備するのが理想的です。  床下収納の内部は室温よりも低温になることが多いため、低温多湿に強いものを収納するのが望ましいです。床下収納はだいたい平均して、室温より5度程度 低い温度になります。  北九州市の雨季は6月初旬から7月後半にかけての1か月半ほどで、その間の湿度は80%と非常に高く、カビが発生しやすい状況です。  キッチンであっても、床下収納に生ものを置くのはなるべく避け、水や缶詰など貯蔵品を収納する場所として使うのが最適な使い方と言えます。水など重いも のの出し入れは骨が折れると思いますが、最近の不動産物件は賃貸物件でも床面が電動で昇降するタイプの床下収納が完備されているタイプのものもあるので、 選択肢がいくつかあります。 また床下収納は、かがんで扉や蓋を空けて中から取り出す為、よく使うものの収納には向きません。北九州の賃貸でも取り出すだけで一苦労なので、頻繁に使うものは床下収納は辞めましょう。 切らしたら困ってしまう調味料、ビールなど、大量買いしがちな飲料。キッチンに置いておくととてもかさばってしまいます。床下収納ならすっきり!! また、北九州などでは昔はどこの過程でも自前で漬け物を漬けていましたが、最近では漬物を作っている人も減りました。床下収納の出番が減ってしまったのです。 しかし梅酒などの貯蔵場所として床下収納は最適です!

用途地域

用途地域とは、行政によって定められた都市計画法の地域地区の一つです。都市の中で住居用、商業用、工業用などに土地の利用する用途を大まかに決め、似たような活動、業務を行うものを集めることで、水や、ガスの配管、電気などのインフラがその地域の用途に合わせてまとめことができ、生活環境や、業務の利便性が良くなり、効率的な活動を行うことができるようになります。都市計画では地域を12種類の分類で分けています。 用途地域の分類によっては、高いビルや、ホテルなどが立てられない地域や、(第1種低層住居専用地域〜第2種中高層用 住居専用地域など)住宅、学校や、病院などが立てられない地域(工業地域、工業専用地域)などがあります。 建てる建物を何に使用するのかを制限するのと一緒に建築物の建て方のルールが決まっています。このルールによって、土地の利用目的に合わせた環境が造られていきます。決められているルールのうちには、建物の容積率や、地域内の土地不動産に建てることができる建物の大きさを決める建ぺい率、道路の幅に合った建物の高さのルールなどがあります。 12種類ある用途地域の中で日本国内で最も指定面積が広い用途地域は第1種住居地域、続いて第1種低層住居専用地域となっています。国内でも狭い地域は第二種低層住居専用地域や準居住地域、これらの地域は低層住宅が建つ地域だったり、 住宅が建つ環境を守るための地域とされています。

お役立ち情報

用途地域は5年に1度見直されます。北九州の用途地域は、北九州市の地域情報ポータルサイトである「G-motty」で都市計画情報や都市計画図を見ることができます。もっと詳しく聞きたい場合は、北九州市の建築都市局計画都市課などに聞いてみるとさらに詳しい情報が手に入るでしょう。  戸建てやマンションなどの不動産のを将来買いたいと考えておられる場合は、用途地域の計画地図を確認することで、将来どういった建物が購入予定の不動産地域に建つのか、その建物がどのような利便性があるのか、なんらかの周辺物件が害をもたらす可能性があるのかを予測することができます。

容積率

容積率とは、北九州でも適用されている不動産売買の法制度で、建築物において、土地の敷地面積に対して建築物の延べ床面積が占める割合のことを指します。延べ床面積は複数階ある場合はそのすべてを合計した面積のことであるため、気を付けなければなりません。容積率は都市計画によって定められ、50%から1300%の間で、それぞれの都市より指定されます。それぞれの敷地に対して適用される容積率の限度は、都市計画で定められた「指定容積率」と「前面道路による容積率」のうち、どちらか厳しいほうの数値となります。それぞれの敷地に対して適用される容積率の限度は、都市計画で定められた「指定容積率」と「前面道路による容積率」のうち、どちらか厳しいほうの数値となります。

お役立ち情報

容積率は、用途地域別に許容される範囲が決められています。北九州市における容積率は、戸建て中心の低層住居専用地域においては60から100%、マンションなどの建設が許される中高層住宅専用地域では200%と規定されています。つまり、北九州でマンションを建てようと思った場合、100坪の土地が存在する場合、最大200坪の延床面積のマンションしか建設することができません。その場合、1階部分を100坪、2階部分を70坪、3階部分を30坪など、延べ床面積が200坪を超えていなければ、その中で面積を変動させることは可能です。また、車庫や駐車場の面積は、容積率を計算する際の延べ床面積から除外することができます。敷地の前にある道路や、建設が計画されている道路の幅の広さでも容積率は変動します。マンションなどの集合住宅の場合、エレベーターや廊下の面積も容積率の計算から除外されます。なお、北九州のアパート・賃貸マンションは、工業専用地域以外なら、どの用途地域でも建築が可能です。

UB(ユニットバス)

ユニットバスとは、防水性の高い素材を用いて、壁、床、浴槽すべて一体となっている風呂のことを指します。 日本で「ユニットバス」と言われている、お風呂とトイレが同じ室内空間にある住環境の正式名称は「三点ユニット」です。単身者向けのマンションやアパートの住宅に多く見られるスタイルで、限られたスペースを効率よく使うことができます。 サイズの測り方としては内形寸法なので、浴室内からサイズを測れます。
また、浴槽・窓・ドアなどのサイズもあらかじめ測っておくと、ご相談がスムーズに進みます。 ユニット化されたシステムバスのサイズ表示は、10cm単位の数字で表わされ、どこのメーカーのものでも1216・1616・1620・1625などと表現します。
これは浴室の内径の幅・奥行きを略して表したものです。
120cm×160cmのスペースを1216と表現します。 また、サイズは「広さ」だけに目をとらわれがちですが、面積的には同じような広さでも、「家族での入浴」や「お年寄りの介護」といった入浴目的によっては、浴室の形状が正方形である、長方形であるといった「形状」も使いやすさを語る上で大事な要素となります。 サイズに関しては北九州の不動産や賃貸でもメーカーで用意してあるものの中でお選びいただくことになるため、設置スペースにあわせた変形などは基本的にできません。 また、ユニットバスにはメーカーの純正品パーツが多く使われているため、万が一故障してしまった場合も修理はメーカーでしかできないことが多いです。

お役立ち情報

三点ユニットの物件は水回りが集中している上に窓が無い場合が多いため、カビが生えやすいという難点があります。カビを防ぐためには、こまめな換 気のほか、お風呂に入った後はシャワーカーテンの水気を拭き取ったり、バスタブをすぐに洗い流して石鹸カスをためないようにしたりと、浴室内をクリーンに 保つことが重要なようです。シャンプーやリンスなどのボトルも最小限に抑え、カビが巣食うことのできる場所を減らすのも効果的です。タイルやドアの間のゴ ムパッキンにカビが生えることも多いと思いますが、このカビは、事前にエタノールで消毒し、撥水性のある蝋を塗っておくことで防止できるようです。 ユニットバスのお掃除は一見大変そうに見えますが、水回りのお掃除がまとめてできるので時短になるかもしれません。 北九州市の気候では、梅雨の時期と台風の時期に雨が集中しており、湿気の多い天気が長く続きます。これらの時期、特に賃貸物件の場合はカビに注意が必要で す。

輸入住宅

■輸入住宅■輸入住宅とは、海外から取り寄せた資材などを使用し、海外の建築思想、設計思想に基づいて設計された住宅のことを指します。
輸入住宅のメリットとしては、第一にデザインが洗練されていてゆったりとしていることがあげられる。特に最近は北欧でデザインされた輸入住宅が、機能性と見た目のよさの両方を取り入れている住宅として人気が高くなっています。第二に、欧米の輸入住宅の場合は、サイズが欧米人用に造られているため、広く空間が作られていて、くつろげるということがあげられます。第三に、建材なども海外のものを使用していることが多く、安全で安心な建築素材を使用した環境の中で過ごすことができることがあげられます。海外の資材は日本のものに比べ、特に品質にこだわっている資材が多く、防腐処理、防虫処理がしっかりとほどこされていることがほとんどであり、耐久性や耐火性にもすぐれており、北欧やドイツなどはエコ思想も根強いので、省エネルギーを念頭に置いた、冬は暖かく、夏は涼しい、断熱材や断熱ガラスをとりいれた設計を行っていることも多いようです。輸入住宅のデメリットとしては、第一に費用がとても高額であることがあげられます。第二に、日本人向けに設計されていない不動産物件ですので、様々な点で不便に思うことがあるかもしれません。第三に、資材などが日本の気候にあうとは限らないということがあげられます。[輸入住宅で暮らしたい]で探す注文住宅のことなら家づくり関連の情報が多く掲載されている北九州市の不動産にお任せください。

お役立ち情報

福岡県北九州市で輸入住宅が多い地区としては、小倉地区、小倉南地区、八幡西区などがあげられます。
北九州は気候が温暖であるため、北欧など、寒さの厳しい地区の輸入住宅を購入するよりも、温暖な南欧などの建築思想を取り入れた不動産物件を購入するのが賢明でしょう。北九州市の賃貸の居住者に住み心地の良さを評価する声を聞くことができます。

ユーティリティスペース

ユーティリティスペースとは、洗面所やキッチンなど、家事の中心となる場所のすぐそばに設けられる空間のことを指します。
ユーティリティースペースとは、そういった空間の中でも屋内に設置されている多目的空間のことを指し、同様の多目的空間でも、屋外に設置されたものや、 反屋外に設置されたものに関しては、ユーティリティテラスと呼ばれ、ユーティリティースペースでは、洗濯物を干したり、収納空間を創ったり、アイロンをかけたり、 こういったスペースを効果的に取り入れることで、家事導線をスムーズにすることが可能になります。 ユーティリティースペースは使用目的が限定されていないことから、無限に使えるスペースとして、人気の空間となっており、雨の日は物干しをしたり、 晴れている日は取り込んだ洗濯物をたたんだり、趣味の空間に使ったりと、様々な用途に時と場合に合わせて適応させることが可能です。 ユーティリティースペースは、欧米などではかなり一般的で、コンセントなどが併設されていることで、さらに家事効率をよくしている場合もあります。 せっかくインテリアを充実させても、汚れてしまっては台無しです。同様に、生活に必要となるさまざまな物には、手入れやメンテナンスによる「ハウス・ホー ルド(家庭の維持管理)」が重要になります。このように、掃除や手入れが行き届き、整理された状態を維持するための役割を果たすのがユーティリティーです。

お役立ち情報

福岡県北九州市で戸建てやマンションなどの不動産物件を新規に購入、建築する際は、さまざまな家事を円滑にする活動をすることができます。
こう いったユーティリティースペースの併設も視野に入れられてきており、賃貸マンションなどでは、空間制限などから、ユーティリティースペースの設置が難しい 場合もあるが、近年では賃貸マンションの不動産物件でも、生活の欧米化によるニーズの変化に伴い、ユーティリティースペース設置の物件が増加し始めています。 北九州市の不動産では賃貸などによっても様々なレイアウトでより便利な生活の実現を可能にさせるお手伝いもさせていただきます。

有効採光率

有効採光率とは、部屋の中にどのくらいの光を取り込むことができるのかという値を算出する指標のことを指します。
有効採光率を表す式としては、有効採光面積÷部屋の床面積があげられます。
有効採用面積とは、光を取り入れることのできる窓や開口部の面積のことを指示していて 、つまり、有効採光率とは、部屋の窓の面積を部屋の床面積で割ったものであることが分かります。 建築基準法では、この有効採光率が各個室の床面積の7分の1以上の値でなければいけないとの規定があります。 これは、住宅だけではなく、寄宿舎や下宿、児童福祉施設・保護施設、老人福祉施設・有料老人ホーム、婦人保護施設・母子保健施設・助産所、 知的障害者援護施設、精神障害者社会復帰施設、身体障害者更正援護施設、幼稚園・小学校・中学校、高等学校・中等教育学校、病院、診療所、保育所などにも 同様の基準が定められており、特に保育室や教室などでは、有効採用面積が床面積の5分の1以上でなければならないという、厳しい基準が設けられています。 逆に、廊下や洗面所など、居室以外の室内空間では、有効採用率が1割程度の場合でも認められています。 北九州市のアパート・マンションの開口部の面積は、有効採光面積を居室の床面積で割った割合が7分の1以上であることとなっています。(但し、縁側のある部屋、襖な どで仕切られた二間続きの部屋、天窓がある場合などで計算方法が異なります。) また、開口部と隣地境界線や建物同士の間も、法定に従った距離をとらねばなりません。それらは、部屋の広さや窓の大きさ、用途地域によって決定されます。

お役立ち情報

福岡県北九州市では、店舗、事務所、ホテルなど、一部の施設において、有効採光率の免除が行われています。
また、地下や温湿度の調節が必要な居室、手術室でも、免除が行われています。
しかしながら、人間の人体にはある程度の日光を浴びることが重要なため、
採光が難しい場合でもある程度の照明を設けることが望ましいです。 北九州市で貸店舗など、事業用の建物を建築する場合に考慮が必要です。

床下換気口

床下換気口とは、室内や床下に溜まる余分な湿気を排出し、カビの発生を防ぐために不動産物件の建築物の底部分に開けられた穴のことを指します。現 在は床下換気口に変わり、ベタ基礎と呼ばれる、基礎と家の土台の間をパッキンで支える基礎パッキン工法を取り入れた建築スタイルがメジャーとなっていま す。ベタ基礎は一見通気性が悪そうに見えますが、実際はどの角度からも換気することが可能で見た目以上に機能面に優れた構造となっています。床下換気口の メリットとしては、床下換気口は水を逃がすことができるため、大雨や大洪水の際に、床上浸水が起こらないことがあげられます。床下換気口のデメリットとし ては、第一に見た目がさわやかでないこと、第二に安定が悪い事、第三に虫やねずみなどが床下換気口を通って床下に入り込んでしまうことがあげられます。 20年前までは、床下換気口はメジャーな建築方法でしたが、1995年の阪神淡路大震災の際に、床下換気口を取り入れていた住宅の基礎部分が弱く、そこが 原因で住宅が倒壊、崩壊してしまっていたことが多かったことから、ベタ基礎の普及率が急上昇しました。 北九州市の賃貸などでも昔の戸建て住宅には普通にあった換気口は、最近あまり見なくなってきました。これはネコ土台と呼ばれるもの(基礎パッキンと言う方が一般的かもしれません) で、基礎と土台の間にゴムを挟むことで隙間を空け、その隙間から換気をするようになったため、今では換気口を作らない方が主流となっています。

お役立ち情報

福岡県北九州市は平成25年の大雨などが記憶にあたらしいように、台風や大雨による住宅の床上浸水の被害報告が非常に多い地域としても知られ、同時に、地震の被害も少なくありません。
不動産を買う時、特に戸建てを新築する際などには、ベタ基礎と床下換気口のどちらの構造が今後の自分の家の建築予定地に相応しいのか検討したうえで、住宅を選ぶことが重要です。 また、当初の設計ではきちんと床下換気口を付けていたとしても、使い方に問題があり、その機能を果たさないケースもあります。 実際に基礎や土台に問題があるかどうかは、床下をもう少し詳しく見てみないと分かりません。ですが一般の方が床下に潜り、詳しくチェックするのは難しいでしょう。 北九州の不動産では、床下探査ロボットを入れて、お客様が購入予定の建物の床下を無料でチェックすることも検討いたします。

床衝撃音

床衝撃音とは、建物のなかで人が歩いたり、動いたり、物を動かしたり、落ちたりすることにより、階下に伝わる音のことを指します。床衝撃音の伝わり方は床面や壁面の建材によって異なり、音の質の違いから、「重量床衝撃音」と「軽量床衝撃音」に分類されます。「軽量床衝撃音」とは、体重の軽い人が歩いたり、何か作業を行うときの音や、重量のあまり大きくないものを床に落としたときになる、比較的高音で小さな衝撃音のことを指し、「重量床衝撃音」は人が激しく動く時、飛び跳ねたり、重い物を引きずって動かしたりすることによって生じる、低くて重い、大きい音のことを言います。このような床衝撃音を遮断する能力のことを遮音等級と呼びます。遮音等級の測定単位はLであり、この値が小さいほど階下に伝わる床衝撃音は小さいということになり、この値が高いほど、重量床衝撃音遮断性能が高いということになります。―お役立ち情報床衝撃音遮断性能を上げるためには、床材の素材選びが重要です。具体的に言うと、床材は密度が大きく、厚みがあり、剛性が強く、圧縮強度が大きく、小梁のあるものを選ぶべきです。床衝撃音遮断性能に関し、床の表面材自体の柔らかさはほとんど関係がありません。

お役立ち情報

床衝撃音遮断性能を上げるためには、床材の素材選びが重要です。具体的に言うと、床材は密度が大きく、厚みがあり、剛性が強く、圧縮強度が大きく、小梁のあるものを選ぶべきです。床衝撃音遮断性能に関し、床の表面材自体の柔らかさはほとんど関係がありません。福岡県北九州市でも、住民同士の不動産トラブルの原因として、上の部屋に住む人間が立てる音がうるさいということが大きな割合を占めています。相手に不快な思いをさせて、自分がトラブルに巻き込まれたくなければ、床衝撃音遮断性能の高い不動産物件を選ぶことは重要な要素となります。

床仕上げ

住宅の床の材料、工法により、下に響く音を遮音する性能は大きく変わります。仕上げ材を一切使わないでコンクリートの床が丸出しになっている床を「直床工法」(裸床工法とも呼びます)、カーペット等の敷物をしいた床を「直張り工法」と言います。コンクリートの床板の厚さをスラブ厚といいますが、このスラブ厚が130mm~200mmぐらいの厚さの床は敷物を敷いた直張り工法を用いれば遮音性は高まります。住宅の床板を支えるための横木の事を根太と言いますが、コンクリートスラブと床の合田に根太を置いたものを「根太床工法」と言い、この工法は、軽衝撃音に対して効果のある工法ですが、大きな物、重いものを動かした時や、落とした時の重衝撃音の場合、裸床のや、カーペットを貼った直張り工法とあまり大きな差がありません。もし、根太の設置の仕方や、根太の材質が良くなかったりすると、床鳴りの原因となります。

お役立ち情報

買おうと考えておられる不動産物件がマンションの場合、騒音に関する設備は大きな選択肢の一つに入ると思います。住宅の周囲の環境の音は不動産物件の内覧会で物件を訪れて、予測をする事も可能ですが、室内に響く周囲の壁の向こうからの物音は、実際に住んでみなければ分からないでしょう。周囲の騒音やどのくらい生活音が響くのか知りたい時には、不動産業者に頼んでマンションの竣工図でスラブ厚を確認してみると良いでしょう。北九州地区のマンション等の賃貸不動産物件の床仕上げ材には様々な種類があります。フローリング材や、タイル、絨毯、カーペット、畳等、床の仕上げ材は使用する部屋の用途に合わせて選びましょう。そして、下地に合わせても床の仕上げ材は向き、不向きがある場合があるので、工事に入る前に床をどんな仕様にするかを検討し、迷う時には、不動産業者や、建築業者に相談してみると良い答えが出るかもしれません。

浴室のバリアフリー

浴室のバリアフリーとは、その名の通り浴室をバリアフリー化することです。バリアフリーとは障壁をなくす、という意味の言葉で障壁となっているものをいろいろな工夫をして取り除いていき、より暮らしやすくすることです。浴室において、主に行われていることとしては、温度差や床などで滑る危険を減らすようなことです。温度差においては、暖かいリビングなどから寒い浴室へ行きそのあと熱い浴槽に浸かるということで脳や心臓に負担がかかり、事故につながることもあります。床で横転して怪我をされることも多いです。それは主に高齢者向けの設計が多く、出入り口の幅は広くして段差をなくしたり、出入りを楽に行えるように手すりを設置したり、洗面台もより負担を少なくしようできる形にしたり、床の材質を滑りにくいものにしたり、浴槽の縁の部分を広くして腰掛けて出入りが出るようにしたり、その浴槽の高さも低くしたり、空調を設置したりするなど様々な手段で障壁をなくしていく工夫がなされています。また、それらのバリアフリー化のリフォームをした場合には国や千布自治体から補助を受けることも可能です。負担総額は10万円もかからないことが多いそうです。工事に必要な期間もよほど大きな不具合などがなければ、通常1週間程度で完了するようです。また、大掛かりなリフォームだけではなく、小さなことからでもバリアフリー化をすることができます。浴室に置くためのすのこがあり、それは滑りにくくしてあり、高さも浴槽に入りやすいような高さにしてあります。また、手すりを様々なところにつけることによって、より楽にバスタイムを過ごせるようになります。小さなことでも命を守ることにつながるので、いろいろな工夫をされると良いでしょう。

お役立ち情報

北九州市では平成28年度において住まい向上リフォーム推進事業というものを行っております。補償対象の不動産としても戸建て住宅、マンション等の住宅になります。工事の内容としては市が指定する「エコ工事」、「高齢化対応工事」、「安全・安心工事」、「地元応援工事」で、市内の業者が工事を請け負って行われるリフォーム工事でなければなりません。補助金額の上限は30万円となっております。第1期の申請期間が5月31日〜8月31日で、第2期は10月3日〜12月28日で、どちらも先着順で受付を行い、予算がなくなり次第終了となります。NPO法人北九州市すこやか住宅推進協議会にて受付を募集しております。

養生

コンクリートは、その固さが生まれるまでは適度な温度や水分を保つことが必要であるため、本来のその性能を発揮するまで、直射日光や風、振動などから守る必要があります。このことを養生といいます。特に打ち込んだ後の5日間は、コンクリート自体の温度の変化が±2°までと法律により規定されています(建築基準法)。この最初の段階の保護の仕方によって仕上がりが左右されるのですが、実際には空中に放置されている状況もあります。なので、養生作業をしっかりとおこなっていない不動産物件には注意が必要です。たとえば、外気温がマイナスになる冬場での施行工事では水分は凍ってしまいます。逆に、梅雨の時期などはコンクリートの水分量が過多になります。その状態で何もしないでいると、日が経つにつれて強度が弱くなり剥がれおちてしまうので、早く固まる性質のコンクリートを使用したり、ジェットヒーターなどを用いて周りの温度を最適な温度に保つなどの対策をします。コンクリートの表面が乾燥してひび割れてしまうのを防ぐには、シートを敷設し散水を行うか、特別な薬剤を用いることもあります。また、引っ越しの時や立入作業、工事の際に建物が汚れたり、傷つかないようにカーペットや覆いなどをかけて保護することや、近隣住宅等に塗料が飛散したり部材の散乱・落下によって生じる汚損・破損の防止、災害防止なども行います。

お役立ち情報

新築の家を建てるご予定の方は、コンクリートの養生期間は季節や現場の環境によって違ってくるので、設計監理者の方にご相談してみてください。北九州地域は雨期になると台風の到来が多く、養生に不安があるかもしれませんがそこまで心配する必要はないでしょう。しかし、どうしても気になるようであれば、町の設計士事務所等に依頼して施工中の視察やアドバイス等を受けられることをお勧めします。また、中古不動産物件を見学する際に基礎コンクリートにひび割れがあるのを発見したら、きっと不安になるかと思います。ひび割れの幅が0.3mm以上であったり、さらにそれが複数個所ある場合には、一度、中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)を利用しておいた方が無難かもしれません。

ら行

ラーメン構造

ラーメン構造とは、北九州の不動産において、柱と梁が強固に接合し、接合部分が回転しないような構造のことをいいます。 ラーメンと聞くと、私たちはついおいしそうなイメージを持ってしまいますが、 ラーメン構造の語源はあの食べるラーメンとは全く異なるものです。 ここでのラーメンとは、ドイツ語で『枠』や『額縁』といった意味をもつ言葉です。 北九州の不動産では、鉄筋コンクリートや鉄骨で造られる建物に採用されることが多く、具体的には中層・高層マンションなどに使われます。 柱と梁を中心として造られるので、大きな空間を取ることができ、広くて開放感のある部屋や、ガラス張りの部屋をつくることができます。 一方、木造建築では今まであまり採用されることがありませんでしたが、だんだんと採用されるようになってきました。 イメージとしては、テーブルや椅子などで見られる4本の脚が柱にあたります。 重いものを乗せたり人が座っても、4本の柱でしっかり支え、崩れることがありません。 この椅子のようなものがたくさん集合した構造が、マンションを形成しているというイメージをしてみてください。

お役立ち情報

北九州の不動産のラーメン構造は、なんといっても丈夫さが人気です。 より強度を高めるために、柱と梁の中に壁を組み込む方法があり、特に耐震機能が高く大きな強度があります。

欄間

欄間は日本建築様式の一つである。天井と鴨居の間に設けられる部材。特に装飾としてのイメージが一般的です。空いている欄間に、採光、換気、装飾のための板がはめ込まれます。その板には障子、格子、すかし彫り等の彫刻が施されていて、欄間にはめ込まれる障子を欄間障子、格子は欄間格子といいます。この建具そのものを欄間と呼ぶ場合もあります。  欄間の歴史は奈良時代までさかのぼります。寺社建築で採光のために用いられたのが最初だと考えられています。平安時代の絵巻物にもその原型が登場します。寺社建築から貴族の住宅でも見られるようになり、江戸時代に以降になると一般住宅でも使われるようになったのです。  富山県、福井県、和歌山県、広島県、大阪府、香川県以外に、北九州の熊本県も主な産地として挙げられています。熊本県の欄間彫刻は楠、屋久杉などに「たたきのみ」というのみで荒削りをして、仕上げに彫刻刀で細かく彫り上げます。仕上がりは厚板彫り等より立体的である。熊本県の欄間の歴史的経緯として、室町時代以降に武家屋敷を中心として作られ、明治中期に一般庶民の家屋でも見られるようになります。  欄間作品に北九州の熊本県に工芸家の徳永政男氏がいます。彼は熊本を代表する工芸家です。欄間はその美しさもあり、左官の仕事としてよりも伝統工芸の美術品として愛されています。

お役立ち情報

不動産にとって、建築物は大切な存在であるが、最近建築物の様式が変わり、現在は、日本家屋でかつ、欄間の多い住居は少なくなってきています。しかし、北九州の不動産のことを語る際には、南国特有の屋久杉から掘り起こされたこの欄間を住まい建築の一部としてだけではなく、伝統工芸品としてその技術と共に、是非ご括目ください。

陸屋根

北九州に最近増えてきた建物の特徴としまして陸屋根という建築方式があります これは 陸屋根とは、一般的な戸建て住宅の瓦葺き、スレート葺などの屋根に見られる屋根勾配がほとんどなく、屋上部分がほぼ平面状になっている屋根のことです。以前は北九州の陸屋根構造の建築物と言えば、オフィスビルやマンションなどの中規模以上の鉄骨造陸屋根の建築物や商業施設、商業ビルなどに採用されているのが主流でありました。しかし、近年では戸建て住宅の不動産物件でも陸屋根構造の建築物が増加しており、陸屋根部分を活用した屋上庭園や太陽光発電用のソーラーパネルを設置した戸建て住宅が多く見られるようになっています。北九州のマンションには近年この陸屋根を採用した建物が増えてきました。北九州の賃貸マンションにこれらの建築形式の建物が増えたことやマンションタウン化により北九州への移住がより身近になってきました。近年都市への住民の極化が進む中、地方においても近代的なマンションの増加によりこの深刻な極化の緩和に努めるのでは無いでしょうか?

お役立ち情報

北九州の不動産事情として最新の陸屋根の賃貸マンションが軒並み建築中です。近年人口の都市権への移住が進む中、北九州において過ごしやすい環境においた不動産物件の住居が見直されてきています。都市圏は物価も高く、窮屈な住まいに済んでいる方も数多くおられるかと思われます。北九州のマンションは比較的安価に広い住まいを手に入れることができます。心配される立地ですがマンション化が進み。より都市圏に近い立地条件でマンションに済むことが出来ます。北九州の住宅は非常に満足されている方も多く、今、移住を希望されている方も多いです。住み心地も満足な北九州のマンションに住んでみて下さい。しかしながら地域に住民を呼び込んで復興も大事ではありますが、こういった入母屋屋根の様な様々な様式の建物について多くの人に知ってもらうとともに日本有数の建築様式の素晴らしさを理解されることが大事であります。

リモデリング

北九州の不動産でリモデリングと言えば、リフォームのことを言います。 英語で増改築の工事という意味をもつリモデリングという言葉がありますが、日本においてはリフォームという和製英語を使いことがほとんどです。 北九州の戸建てなどで、家を建ててから年月が経ったが建て替えるほどではないというとき、リフォームされるお客様がいらっしゃいます。建物そのものはそのまま使い、建物の中の設備や間取りを変えたり部屋を増やしたりといったことが多いです。 北九州のマンションでは、特に中古マンションなどでリフォームが行われています。これは、最近ではリノベーションなどという言葉が使われるようになりましたが、北九州の賃貸ではできないような、部屋の中の壁紙を張り替えたり部屋の構造を取り替えたりと、自分が住みやすい部屋に改装する人が増えています。

お役立ち情報

リモデリングをするタイミングは、家が古くなってきたときの他、家族構成が変わったり、家族の病気や介護などで最新の機能がついた装備が必要になったときなどがあります。 二世帯同居を始めるので増築したい、子供が大きくなってきたので部屋を増やしたい、段差が辛くなってきたなどの理由から、リモデリングをすることが多いです。 その他、傷みやすい台所やお手洗い、浴室などの水まわりのリフォームもよく行われています。 人気があるのはシステムキッチン、システムバス、ウォシュレット付きのお手洗いなどです。 新しくて便利な設備が整うと、快適に過ごすことができますね。 北九州の不動産でも、リモデリング(リフォーム)をしています。 リモデリング(リフォーム)をお考えの方はぜひご相談ください。

ルーフバルコニー

ルーフバルコニーとは、下の階の屋根(=ルーフ)の上に作られたバルコニー、テラスのことをいいます。ルーフガーデンやルーフテラスとも呼ばれます。 北九州の不動産、マンションでは、ルーフバルコニーがマンションの共有部分として定めらているとこがあります。その場合は、入居者が期間や時間によって使用料金を支払い、利用できるという仕組みが基本的に多いです。部屋ごとに専有部分として持つ場合、自分たち家族だけの庭という感じで使用できます。お友達や親戚を呼んでホームパーティを開くのも楽しそうですよね。 北九州の不動産では、屋根がなく面先があるので日当たり良く、開放感があります。 天気の良い日に、ガーデンテーブルとガーデンチェアを出して、食事やお酒を楽しむ光景は憧れますよね。 花や植木などのガーデニング、盆栽などが好きな方にも人気の設備です。 北九州の景色を眺めたり、花火や星空を楽しむこともできます。 また、小さなお子様がいるご家庭ではルーフバルコニーにビニールプールを出して思い切り水遊びをしたり、人目を気にせずに日焼けを楽しんだりといった使い方もあります。 洗濯物や布団を干したり、野菜や果物づくりに使用したり、ルーフバルコニーがある生活は夢がひろがりますね。 北九州の不動産、賃貸、マンションでもルーフバルコニー付の物件はとても人気があります。 北九州の不動産では、人気のルーフバルコニーが付いた賃貸、マンションを多く取り扱っております。北九州でルーフバルコニーのある憧れの生活が実現できます。 ぜひご相談ください。

お役立ち情報

ルーフバルコニーは部屋の中とは使い勝手が違います。 ガーデニングや野菜、果物づくりなどを楽しんでいたのに、強風で植木が飛ばされたり、 洗濯物や布団などが雨で濡れてしまったり、 また、下の階に居住者がいる場合、騒音が迷惑だと思われないように、いろいろと気をつけたいものですね。

ルーバー

ルーバーは風、雨、光、埃、視界(外部から家屋の内部などを覗かれたりしないようにする)などを遮断するために用いられる鎧戸状のものです。小さい窓のような枠の中に羽板(はいた)という細長い板を並べて組んだものです。隙間を開けて平行に組むが、使用される箇所によって縦方向に組んだものや横方向に組んだものがあります。柵や塀としてや照明器具やエアコンを隠すなどの役割を果たし、不動産建築物を代表として色々な箇所で用途に合わせて用いられます。放熱にも、通風にも使われます。風を通す機能と同時に雨や雪などから内部を保護し、内部から放出される風の向きも制御します。ルーバーによっては風通しの量を変える仕組みになっているものもあり、羽板の角度を調節できるようになっています。正面から家屋の内部など向こう側は覗けないようになっており、視点の角度を変えることで見えるようになっています。ルーバーは建築物の窓だけではなく、同様の機能と形状を持つ箇所に使われる平行の板状のもののこともいいます。例えば、自動車のエアコン、ヒーター、デフロスター、エンジンルームのボンネットなどの吹き出し口に吹き出る空気の方向の操作をする平行に並んだ板です。住宅用語では窓だけではく、換気と採光を行うために衣類収納の扉にも取り付けられます。板がガラス製の、ガラスルーバー窓というものもあります。ガラスルーバー窓は、サイズが小さくても換気能力が高いため、キッチンや浴室、トイレなどに利用されることが多いです。

お役立ち情報

台風の直撃の多い北九州では、暴風による窓の破損の危険があります。それ故、風を遮断して窓の破損を防ぐ機能を建築物に備えさせることは重要なことです。ルーバーを窓に取り付ければ、暴風から窓ガラスなどを防護できます。北九州の不動産建築物ではよく見られます。

リノベーション

リノベーションとは、建物の外枠を壊してしまうのではなく、既存の建物に大きな工事を行うことによって、不動産物件に新たな性能や価値を付け加えることを指します。住宅の壊れたところや、老朽化しているところに修繕を行い、住み心地を改善するリフォームとは異なり、もともとの住宅や建築の持っている良さを最大限に引き出そうとすることに、その特徴があり、工事の規模としては、悪くなったところの修繕が主なリフォームよりも、間取りなどから変えてしまうリノベーションの方が大きくなり、水道管や排水管、換気設備などの変更が行われる場合もあります。リノベーション住宅は環境にも優しく、エコ志向が強い現代人の関心も集めています。リノベーションは、住まいの性能事態の向上も目的としているため、リノベーションが終わった後は、全体的に生活しやすい環境が実現されており、リノベーションの費用としては、平均500万円から1000万円ほどが一般的となっています。近年では北九州市でも古くなった町家や古民家などの不動産物件を改修し、昔ながらの建築の味やよさをとりいれながらも、現代の生活様式にあわせた暮らしが行いやすい住宅を建設したり、非日常感が味わえるリノベーションカフェや雑貨屋、宿泊施設などの人気も高まっています。現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきています。しかし、2つの言葉の間には、主に「工事の規模」と「住まいの性能の向上、改修」の違いがあります。

お役立ち情報

北九州市では、住宅のリノベーションを行う際に、耐震構造の組み込み工事を推奨しています。耐震構造を自宅に取り込みリノベーションを行いたいという要望がある時は、役所に相談して助成金を受け取ることも可能です。まずは北九州の不動産に中古物件探しから設計・デザイン・施工・アフターサービスなど、ご相談されることをおすすめします。

礼金

礼金というのは不動産物件の賃貸契約を結ぶ時に、借りる者(賃借人)その住居などの不動産物件を貸してくれる者(賃貸人)に払う料金のことを言います。部屋を退去する時に返してもらえる敷金(原則として)や保証金とは違ってこの料金は返ってはきません。関西地方の近畿地区の敷引きもこれに該当します。東京の23区内であれば礼金はだいたい家賃の1〜2ヶ月が一般的な金額です。この礼金には言葉どおりの意味を持つ賃貸の契約が結ばれたことへの謝礼の意味や、賃料の前払いとしての意味、部屋の回復費用として、様々な理由からこの礼金は今も支払われているようです。礼金は、公営住宅や、UR住宅の賃貸では取られることはありません。ただし、家賃の1〜2ヶ月分と言うとかなりの出費になるので、引っ越し費用などを抑えたい学生、新社会人などにはこの礼金と言う制度はかなり迷惑な話です。最近では、それらのニーズを考慮した不動産会社が、敷金、礼金を無料にする、というようなサービスも多く見られます。ただし値段につられて契約したら、不便な場所の家だった、騒音が酷いなど、トラブルが起きている話もございますので、きちんと値段と、その物件の実情を知って確認することが大切です。

お役立ち情報

北九州市内でも敷金礼金0という物件は豊富にあります。また、大家さんとの家賃の交渉の際、礼金についても値引きや、無料にしてもらえないか相談してみることもできます。不動産仲介業者に礼金の交渉を頼むのも良いでしょう。年々、物件は増えて、しかし借り手がおらずに物件が余るという事態が増えているようですので、借り手の立場が強くなっているのが現状です。不動産業者や賃貸人としても物件を埋めたいので、交渉次第では礼金をサービスということもあるかもしれません。一度交渉してみては如何でしょう。

連帯保証人

連帯保証人とは、不動産業界では不動産賃貸契約や、住宅ローンを申し込む時に、主債務者(ローンを組む人)の保証人として債務者が今後、借りた金額を返していくことや、家賃を支払うことなどを保証する人のことを言います。保証人と連帯保証人の違いは、1,連帯保証人は、料金の返済や、家賃の支払いを迫られた際、債務者や、借主へ返還を求めるよう主張できません。保証人は借りた本人に言って、と突っぱねることもできるのですが、連帯保証人の場合は曽根権利がないので、請求に答えなければなりません。2、借主、債務者が財産を持っていても、連帯保証人として家賃などの支払いをしなければならない時、先に債務者、借主の財産を差し押さえてくれとは主張できません。3、連帯保証人が複数いたとしても、債務額を割ることができません。つまり100万円の返済額で、連帯保証人が2人いたとしても、保証人のように1人、50万円ずつ支払えばいいのではなく、1人、1人に100万円の返済義務があるのです。これらは民法で定められており、保証人と連帯保証人の違いは大きいです。

お役立ち情報

非常に負担の大きな連帯保証人ですので、やすやすと友人にも頼めないでしょう。一番多いのは家族に頼むケースでしょう。保証人を頼める人がいない方、外国人で、日本人の保証人が必要など誰も連帯保証人になってくれないという場合には料金を支払って保証人になってくれるよう家賃保証会社に依頼することもできます。家賃の未払いや、室内の損傷回復など費用を肩代わりしてくれますが、保証料は家賃の30%~50%の支払いと、更新時に1万円前後でこのサービスを受けることができるようです。北九州地区でもこのサービスは便利ですが、トラブルもが起きることもあります。家賃がの未納が続く場合には、部屋の退去を迫られたり、保証会社自体が、撤退、倒産するといったケースもあるので、前もって会社の評判、経営基盤をしっかり調べるのがいいでしょう。

ロフト

はしごや固定階段で昇降する、中2階のスペース。採光や換気などの基準を満たしていないため、建築基準法上「居室」ではなく「小屋裏収納」扱いである。 ロフトは本来、屋根裏部屋という意味。しかしロフト付き1R・1K賃貸物件などでは、1階の部屋にも設けられており、本来の「屋根裏部屋」という意味で使う場合は少ない。 収納・寝床といったプライベートスペースに使えるロフトは、1R・1Kの間取りでも居住空間を広く活用できるという利点がある。 一戸建ての場合は、6帖以上・畳敷き・固定階段ロフトなどもあり、居室に近い形で使用できるようになっている。ただし非居室であるため、明るさ・温度・天井までの高さには少々難がある 屋根の直下にある部屋や階は、寒暖の差があるため居住には使われず、めったに使わない物を置く倉庫として使われる。またこうした屋根裏や最上階が特殊な用途のために使われることもある。 北九州市では高所得層におけるロフトの需要の高まりに対し、不動産開発業者が廃工場を高い費用をかけてロフト住宅へ再生するだけでなく、すでにジェントリフィケーショ ンの進んだ地区にロフト物件のある高級コンドミニアムをわざわざ新築する場合すらある。 完全新築のロフト風高級住宅は、廃工場・廃倉庫地区など経済的に沈 滞した地区に住む危険なくしてロフトの持つ都市生活の楽しさを享受しようというものであるが、家賃の安い怪しげな地区に集まって住む本来のロフト生活の精 神やボヘミアニズムからは離れたものとする批判もある。

お役立ち情報

北九州の不動産でロフト付き物件を検索すると、やはり1R・1K賃貸マンションやアパートがヒットします。学生や若年単身者の需要がある八幡西区や小倉北区に多いですが、家賃はロフトのない物件より少し高めのようです。 部屋の広さや設備にもよりますが、物置やベッド代わりのスペースが欲しいだけなら、1(L)DKや2Kを借りるより安く済みます。ですが一般的にロフト付きの部屋は、その分天井が高く作られており、開放感はありますがエアコンの効きがわるいということも。 ですから、部屋の広さや過ごす時間によっては、冷暖房のコスト面も考える必要があります。

利回り

利回りとは、利子をふくみ、年間収益を投資金額と比較した際の割合のことを指します。
不動産の利回りの計算方法としては、満室時の年間賃料を不動産の購入価格で割ることによって算出できます この式によって算出された値が大きければおおきいほど、利回りがいいということになり、この利回りは、いわゆる「投資利回り」で、「表面利回り」や「グロス利回り」とも呼ばれます。 この式をみていると、利回りが10%の住宅と8%の住宅では、10%の住宅を購入する方が特に見えますが、実際に本当に重要なのは、その住宅が常にどの部屋にも人が居住しているような需要が見込める住宅かどうか、ということです。 いくらその住宅の利回りがよくても、ずっと空室であれば、実際の収入はゼロで、投資金額に対してマイナスになってしまいます 実質的な利回りの率というのは、満室時の年間賃料を不動産の購入価格で割った式によって算出される値ではなく、購入価格を満室時の年間賃料で割ったものなのです。 債券は「お金の貸し借り」の手段の一つで、通常の貸し借りと同様、お金を貸した人はその見返りとして、あらかじめ決められた率のお金を借り手から受け取ることができる。この見返りとしてのお金を「利子」または「利息」と呼んでいますが、「利回り」とは、これらとは少し違う性質のものです。 北九州市の収益物件では利回り率にはそれぞれ大きな差がある場合もあります。

お役立ち情報

福岡県北九市における平均的なマンション、戸建てなどの不動産物件の利回り率は、10パーセント程度です。
利回りの得によい地区としては北九州市内では、小倉北区、八幡東区などがあげられ、これらの地域では、利回り率が20%を上回っている物件も多いです。 利回り率が低い地域としては北九州市内では、若松区や小倉南区があげられます。 これらの地域の利回り率は、6%から8%程度です。 不動産の価値は利回り率では測りきれないところがあるので、 利回り率だけを見ることには注意が必要です。 なお、実際の利回り計算では、税金等の費用も考慮する必要があります。

リロケーション

リロケーションとは、英単語ではrelocation=移転、配置の転換などを意味します。この意味から、不動産用語としては、転勤、出張などで自宅を長く留守にしてしまう方の留守宅を、留守にしている間限定で賃貸管理する業務のことを意味して使われます。平成12年3月に「定期借家権」という法令が施行され、このような持ち主はいるが、ある期間は不在にしている住宅で賃貸借期間限定の契約を結べるようになりました。むかしは、このように長い留守宅にする自宅は、諦めて売る事を考えるか、通常の賃貸にするしか方法は有りませんでした。大企業の場合には、留守宅を借り上げて、別の転勤して来る社員に貸し出すようなサービスも提供されていたようです。一部のリロケーション業者は借り上げ制度を持っていない法人をターゲットに、法人契約として明け渡し保証を付けて転勤者用の社宅を提供してくれます。リロケーション業者は、人数の多い大規模な企業の人事部と業務提携し、転勤者から留守宅を管理する代理権を得て、他企業や、同企業内の転勤者へ社宅として斡旋する事をメインの業務としています。企業側も、社宅としていた留守宅を退去時の原状回復の手間の問題や、様々なクレームの処理から解放されるのでリロケーション専門業者を利用してきました。「定期借地権」「期限付き借家権」ができたことでその不動産家屋の所有者や、土地の所有者は一定期間が経った後に、土地や、人に貸した住宅を要請すれば明け渡してもらえるようになり、安心して、住宅や、土地を貸し出す事ができるのです。転勤者だけでなく普通の大家さんも期限付きで建物を貸せます。

お役立ち情報

リロケーションに目を向ける方が増えており、北九州地区でもリロケーション業者はいくつもあります。バブル経済が崩壊した後、土地や不動産物件を購入したが、売ろうとしても、住宅ローンを返済する足しにもならないほど価値が値下がりしてしまって転勤になったが売るに売れないと言う方もリロケーションを行い、賃貸にしておけば家賃収入で儲けが出るので、ローン返済分ぐらいにはなり、戻ってきたら、また自分の家として住めます。北九州にお住まいの方で、もし、急な長期の出向、転勤等が決まり、家を空けなくてはならなくなってしまったと言う方も慌てずリロケーションをおこなっている不動産業者や、専門業者に相談してみるといいでしょう。

歴史文化継承住宅工事

歴史文化継承住宅工事とは、歴史的や文化的な街並みの保存を目的とする不動産の新築工事やリフォーム工事のことを言います。自治体の条例や要項などに基づく住宅の建て替え工事やリフォーム工事を行う際には、住宅金融支援機構などで条例や要項などに定められた基準によって融資限度額を引き上げたり融資の対象である住宅部分の床面積や敷地面積の緩和を行います。国でも、増改築のリフォームでは融資限度額が1000万円までの枠があり、修繕工事は500万円です。新築住宅の場合は、基本融資額の実質融資率の80%としています。それらの工事の対象となるのは歴史的風土特別保存地区や伝統的建造物保存地区などです。伝統的構造物保存地区のうち、国が重要と定めたものは重要伝統的建造物群保存地区として指定されています。重要伝統的建造物群保存地区は北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の43道府県で90市町村110地区(平成27年7月8日現在)が指定されています。これらはそれぞれ城下町・宿場町・門前町・寺内町・港町・農村・漁村などの伝統的建造物群やそれらの環境を保全するために定められたものです。建造物単体としてではなく、それら周辺を守ろうとするもので、建築物だけではなく、門や石垣や石仏や墓などの工作物、庭園や水路などの環境物件を特定し保全することが求められています。

お役立ち情報

北九州市にはありませんが、福岡県では八女市八女福島が商家町として、八女市黒木が在郷町として、うきは市筑後吉井も在郷町として、うきは市新川田篭が山村集落として、朝倉市秋月が城下町として重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

歴史的風土特別保存地区

歴史的風土特別保存地区とは、古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法(通称、古都保存法)で規定されている、景観や伝統建築物を厳しく保護するための都市計画法の中の地域地区の一つです。歴史的風土保存地区の中で特に重要な地区として定められているのが、歴史的風土特別保存地区です。歴史的な古都がある市区町村が国土交通大臣から歴史的風土特別保存地区の指定をされた場合は、その地区の歴史的風土保存計画を策定します。歴史的風土特別保存地区に指定された場合は戸建てやマンションなどの住宅などの建築物の新築・改築・増築・移転や屋外広告物の表示・提出、建築物・工作物の色彩変更などが制限されたり、それらを行う際には都道府県知事の許可が必要になってきます。また、許可を得ることができず損失を受けることになってしまった人がいる場合は府県は通常発生する損失を補償する必要があります。しかし、他の法律でも不許可処分であったり社会通念上都市計画の趣旨に反する場合は補償を受ける古都ができません。指定都市としては、神奈川県鎌倉市および逗子市、京都府京都市、奈良県奈良市、奈良県橿原市および桜井市および天理市、奈良県生駒郡斑鳩町、滋賀県大津市があります。古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法で示される古都とは、わが国住時政治、文化の中心等として歴史上重要な地位を有する市町村のことで、歴史的風土とは、「わが国の歴史上意義を有する建造物、遺跡等が周囲の自然的環境と一体をなして古都における伝統と文化を具現し、及び形成している土地の状況」と定められていて歴史的な建造物や遺跡と、それらを周辺の樹林地などの自然的環境が一体となって古都らしさをなしている土地の状況のことを言います。

お役立ち情報

北九州市は歴史的建造物特別保存地区には指定されていませんが、景観重点整備地区があります。そこでの景観計画では北九州市全域を景観法に基づく「景観計画区域」としています。中でも、木屋瀬地区は景観重点整備地区として定められており、建築物などの建築や改修をする際には届け出が必要です。

わ行

ワイドスパン

ワイドスパンとは、部屋の横幅が広い住宅のことを指します。つまり、バルコニーに面していて間口が多く、風通しと日当たりのよい住宅のことをいいます。アパートやマンションといった集合住宅の間取りを表すのに使われることの多い言葉です。特徴としては、中細い住宅が多いことがあげられます。70平方メートル程度の3LDKで、窓のある面の横幅が7m~8m以上あればワイドスパンと言えます。ちなみにスパンとは、構造物の支点間の距離のことをいいます。

お役立ち情報

ワイドスパンである住宅の最大の利点は、生活に日光をたくさん取り入れることができることです。平成25年度の北九州市の日照時間は合計2019.6時間で、一年の可照時間のおよそ46パーセントの時間は太陽が照っていたということになります。これだけ日差しに恵まれている北九州市の良さを最大限に生かすためにも、ワイドスパンのマンションなどの賃貸物件、不動産物件は有効です。太陽光を部屋に取り入れた場合と取り入れない場合では、室温に大きな違いがあります。暖房と冷房では同じエアコンを使用しても消費するエネルギーが10倍も違います。家庭の1年間の消費電力のうち、およそ2割もの割合を暖房費が占めているのです。冬に長時間のエアコンや、ヒーター、こたつなどの暖房器具の使用は電気代もあがってしまうので、太陽光を多く取り入れ、節電、節約のできるワイドスパンの家は省エネ住宅といえます。現在北九州市の傾向としては、南向き以外の住戸——例えば北向きや西向きの住戸にワイドスパンを採用するケースが多くなっています。直射日光が射し込まない、もしくは射し込む時間が短い住宅内を少しでも明るくするため、間口を広げるこの方法が効果的になります。

ワイヤーガラス

ワイヤーガラスとは、ガラスの内側にワイヤー(金網)が挟まっているガラスのことを言います。このガラスが作られた目的とは、火災が起こった時にガラスが割れても、格子状に組まれたワイヤーがガラス破片を掴み、破片が四方八方に飛び散ってしまうことを防いでくれることや、火の粉が飛び散ってしまうのを防止できるという利点があるため、防災用に重宝されています。特殊ガラスですが、ガラスカッターを使えば普通のガラスと同じように自分でも切ることができるので、火災時にも安心です。網入りガラスはガラス自体は割れてしまいますが中に挟まっている網がガラスが崩れ落ちるのを防ぐ為火災時に火の手が広がるを防ぐといった機能を持つ、消防法で認可されているガラスは「網入りガラス(透明ガラス、型ガラス)」と「ファイアーテンパ」と呼ばれる網の挟まっていない特殊ガラスなどがあります。線入りガラスは防火対象になりませんのでお気をつけ下さい。北九州にもガラス工事などに力を入れている組合もあります。

お役立ち情報

その性能と製造時にコストがかかるため、そして、普通のガラスの厚みよりも分厚く材料費がかかるため価格が通常のガラスに比べて2倍から4倍もしてしまうワイヤーガラスですが、法律で設置が義務付けられている場所があります。ワイヤーガラスの設置を義務付ける消防法、建設上告示1360号によると、ガソリンスタンドなど、火事が起きる危険がある店舗や、火器を使用する飲食店などでは、ワイヤーガラスを使わなければなりません。火の手が広がることを防いでくれるガラスの使用が義務となっているのです。北九州といえば、たくさんの工場が密集する工業地帯でもあります。2015年9月にも、爆発を伴う工場の出火が北九州市内で起きています。賃貸物件や不動産を賃貸、売買する際には、防火や火災対策も考慮し、物件と向き合うべきでしょう。

分かれ

分かれとは、不動産業界用語の一つで、不動産取引を行うときに、不動産の売り主と買い手が仲介業者に支払う仲介手数料を複数社で分配する際の、分配方法のことを言います。不動産の売主が業者に依頼し、業者が購入希望者を見つけることができなかった場合などに、買い手を探すために、他の不動産業者に購入希望者の募集を依頼した時「分かれ」は発生します。初めの不動産仲介業者は、売主から仲介手数料を、買い手を見つけた不動産仲介業者は、買い手から報酬として手数料を受け取ることになります。「不動産仲介の基本は分かれ」という言葉あり、仲介手数料は、売り手側、買い手側で別れるのが一般的です。理由は売主と買主では不動産の取引では価格や、権利といった面で利害が反する場面がよくあるからです。ですから売主には売主の仲介業者が、買主には買主側の仲介業者が付いてお互いの権利について代理人として主張しなければならないのです。自らの代理人として選ばなければなりませんから、仲介業者のサービス内容や、人柄、契約後のフォローなどよく見て、確認することが大切です。そして専門的な内容の権利をしっかりと代弁してくれる仲介人を見極めることが、物件の売買では大切でしょう。北九州市の不動産業者には売主側の手数料は情報を出した不動産屋がもらい、買主を他業者がつけた場合はその業者が買主側の手数料をもらう形態についてトラブルが起きるケースもあり、ご相談される方も多くいます。自宅や資産を売りに出したいときは手元にいくら欲しいからお決めになった方がよいでしょう。

お役立ち情報

通常の仲介手数料というのは物件価格の3%+6万円+消費税が宅建業法で決められた上限となっています。この上限を超える金額を仲介業者が受け取ることは違法です。また最近では、北九州地区でも価格サービス競争からか、仲介手数料無料などを謳い文句にした不動産仲介業者も出てきています。これまでの仲介手数料で儲けるという在り方が変わってきている不動産業界、しっかりとサービス内容を把握し、無料とはいかなくとも、仲介手数料の値引きを交渉してみるのも一つの手でしょう。不動産売買の予定があるのなら幾つかの不動産仲介業者に相談してみると良いでしょう。

和風住宅

和風住宅とは、住宅の建築スタイルの一種で、住宅の建築スタイルなどに、和風な意匠や素材を取り入れたものを言います。 あまりにも伝統的でクラシカルな住宅にするのではなく、あくまで西洋風の建築スタイルやライフスタイルのなかに和風な形式を取り入れ、モダンな印象に仕上げるのが特長です。 具体的には、障子や襖などを部屋の仕切りに取り入れたり、建材に珪藻土や無垢材を使うなどの手法がよく使われます。 特に人気なものとしては、木材で作られた柱と土壁が一緒になった「真壁」と呼ばれる建築手法です。真壁はコンクリートに比べて柔軟なので、耐震性にも優れており、湿気ともうまく付き合っていくことができます。 戸建やマンションのリフォームや建築の際に、こういった和風の住宅スタイルを取り入れることが北九州市でも、最近人気となってきています。

お役立ち情報

和風建築のメリットとしては、畳や襖、障子など日本の気候に即した伝統的なスタイルや、 建材に自然素材を使用しているため、温度や湿度の調整がしやすく、吸音効果も見込めるということがあげられます。古来和風の建築にはしっかりした構造のものが多く、長くそこで暮らすことができるものです。 和風住宅には主に木が使われていますが、心地よく、温度や湿度の調整などもでき、いろいろなメリットがあります。 家の中心に、太い梁を配置することで、室内をすべて見渡たすことができるのも和風建築ならではです。 デメリットとしては、西洋風の建築よりもメンテナンスを必要とする回数が多いことがあります。 しかしながら、北九州は夏季の気候が厳しく、高温多湿になることが多いため、熱や湿気を逃がしにくいコンクリートや鉄筋づくりの建物での生活は厳しいため、和風住宅は実際的な面においても実利的だと言えます。 土壁などはひび割れ・隙間などが生じやすい、土壁は下塗り、中塗り、上塗りなど工程が長く高い技術が要求される、真壁工法は断熱性能が劣り冷暖房の効率が悪くなることがある、襖、障子などの建具だと各部屋のプライバシーが保ちにくい、食と寝の区別ができなくなることがあるなどの問題も指摘されることが多いです。

割増融資

九州の不動産の割増融資とは、住宅金融公庫の融資の中で、基本融資に追加して割増で融資されるものです。 購入しようとしている北九州の戸建てやマンションが、定められた条件を満たすと、基本融資に上乗せして融資してもらうことができます。 定められた条件の一つ目は、バリアフリーなどの高齢者にやさしい作りの住宅であること、これを長寿社会住宅割増といいます。 条件の二つ目は、太陽光発電を使ったりオール電化など、環境にやさしい作りの住宅であること、これを環境共生住宅割増といいます。 そして、三つ目の条件は、例えば耐震構造であるなど長く使える住宅であること、これを長期耐用住宅割増といいます。 これらの条件を満たさなければ、割増融資を受けることは基本的にできません。 また、これらの割増融資は、以前の住宅金融公庫が実施していたものの名残りで設けられたもので、やがては廃止される可能性があると言われています。 一見すると、使いようによってはとても便利な制度に思えますが、この制度をつかうつもりでいても、数年後には廃止されている可能性があるので要注意です。

お役立ち情報

北九州の不動産、戸建てやマンションを購入し、自分の家を持つというのは誰もが憧れる夢ですが、 家を買うためには大きなお金が動き、一生の買い物とも言われます。 住宅ローンなどの融資を利用する方がほとんどですが、こうした制度や金利は年々変わってしまう恐れがあるので要注意です。 そのためにも、北九州の不動産を購入するための事前準備はきちんとしておきたいものです。 例えば、自分はどういった家に住みたいか?家族は?これからのライフプランは?といったことや、 不動産の購入資金はどうするか?ということです。 北九州の不動産では住宅ローンや融資について相談を承っております。 ぜひお問い合わせください。

ワンルームマンション

ワンルームマンションとは、ワンルームの部屋で構成されているマンションのことです。家賃収入を得るために投資目的で売買される場合もあります。ワンルームの部屋の形式としては、広さが16〜20㎡程度の1つの部屋にキッチンとトイレと浴室がある部屋のことをいいます。1Rという表記もされます。似たものとして、1Kがあります。1KのKはキッチン(Kitchen)のKでワンルームは同じ部屋にキッチンとトイレと浴室がありますが、1Kは寝たりくつろいだりするスペースとキッチンとトイレと浴室がある領域とを扉やドアなどで仕切りを作ってあって、キッチンと居住スペースがわけてあるものになります。玄関を開けると廊下にキッチンやトイレや浴室が設置してあるものもあります。1Kは仕切りがあるので、ワンルームに比べるとエアコンの効きが良いことや誰かが来た時に玄関を開けても部屋全体を見られないことや料理などの匂いが居住スペースに入りにくいことなどがメリットです。家賃はワンルームより高めに設定されていることが多いです。ワンルームのメリットとしては、家賃が安いことだったり広々とした雰囲気などです。デメリットとしては、区切りがないことでエアコンの効きが悪かったり誰か来た場合には部屋中を見られてしまうことや料理をする際には部屋中に匂いが充満してしまうことなどです。ワンルームはその特徴や家賃の安さから学生や単身者に多く利用されています。ワンルームと1Kを選ぶ基準としては、仕切りがあるかないかで差が出てくるので料理を多くされる場合は1Kが良いでしょう。学生で友達がよく来るため部屋を広々と使いたいという方はワンルームが良いでしょう。しかし、トイレも同じ部屋にあるので、その点は配慮する必要があります。


お役立ち情報

北九州市内のワンルームマンションの1室の家賃としては、安いものでは1万円台のものから高いものでは40万円を超えるものもあります。とあるサイトでは、北九州市の投資用マンションのワンルームのものは50件近くヒットしました。